台湾烏龍茶にハマる、7つの理由!手軽に楽しめるので、是非お試しを!!

台湾茶, Tea Life, 烏龍茶
Pocket
LINEで送る

台湾烏龍茶の旬は冬摘みと春摘みが旬です。この時期になると、烏龍茶、飲みたくなります。

台湾烏龍茶は、近年日本でも人気のお茶のひとつだと思います。そして、日本人向けの台湾旅行のガイドブックにも、茶芸館などの紹介が増えたことも事実のようです。

また現地の方から日本人を見ると「もしかしたら我々(台湾の現地人)より、日本人の方が茶器などを沢山揃えているのでは?」と思えるほどだそうです。

台湾烏龍茶にハマる2

ここ数年の間に、日本でも台湾烏龍茶のファンが増えているのでしょう。気が付けば、台湾茶専門店も結構見かけるようになりました。一度、台湾茶の魅力に取りつかれてしまえば、あの小難しそうな茶器を使っての抽出も、楽しめます。

紅茶や緑茶よりも淹れ方が容易ではない、台湾茶。ティーポットや急須に慣れている私でも、面倒くさいと思う時もあります。

でも、何故か飲みたくなる台湾茶。
台湾茶にハマっていく理由をまとめてみました。

≪台湾烏龍茶にハマる 7つの理由!≫

理由1:香りが良い

台湾烏龍茶にハマる3

台湾烏龍茶は、本当に香りが良い

本格的な茶器には、香りだけを楽しむための聞香杯(もんこうはい)というものも、在るほどだ。聞香杯で味わう香りは、いつまでたっても良い香りです。時間が経つと香りが変化するのも、楽しいですよ。

 

理由2:何度も何度も楽しめる!

台湾烏龍茶は、何煎も何煎も楽しめます。

茶葉の状態が良い時や、上手く淹れることができると、10煎以上も楽しめちゃう!ほんの少しの茶葉で、何回も楽しめるのが魅力の1つですね。

 

理由3:飲めば飲むほど、美味しくなる!

しかも、飲めば飲むほど台湾烏龍茶は本領を発揮します。

飲めば飲むほど美味しいお茶は、烏龍茶くらいなのではないでしょうか。不思議なお茶です。でも、一度ちゃんと美味しい台湾烏龍茶を味わえば、ファンになるかもしれませんよ。

 

台湾烏龍茶にハマる4

理由4:(個人的に)自由な淹れ方を楽しめる!

台湾烏龍茶は、本格的な淹れ方から~ラフな淹れ方まで自由自在!

日本茶を淹れる急須でも、ティーポットでも、マグカップひとつでも、楽しめちゃいます。これらの淹れ方を知っていれば、ライフスタイルなどに合わせて、淹れ方を変えるのも楽しいですよ。

個人的には、ティーポットで1煎目~5煎目まで混ぜてしまうのが、好きですね~。しかも1煎目は、たっぷりの時間をかけて抽出すると、深みのある味わいになりますよ~。

 

理由5:お茶請けの台湾菓子もイケる!

台湾菓子。これ上品でとっても美味しいんです!

台湾菓子の美味しさは、半年前に知りました。台湾茶専門店で、偶然いただいたことがあります。「これ、日本でも売って欲しい」と台湾通の方が、おしゃっていました。お茶にも合うんです。

 

理由6:旅行にも行きやすく、親しみやすい!

台湾は近いので、旅行にも行きやすい。

旅行にも行きやすいということは、親しみも湧いてきますよね。また親日の方が多いので、一度触れたらますます台湾好きになるのでは?

台湾烏龍茶にハマる5

理由7:変なクセが無いので、万人受けする味わい!

台湾烏龍茶は、際立った変なクセがないので、万人受けします。

例えば、サロメチール香の強いウバ茶は好き嫌いがあると思います。でも、台湾茶は自然な感じの味わい。種類ごとに微妙な味の違いはあれど、基本的には飲み易いお茶です。

美味しさに気づけば、台湾茶ファンになる方も多いと思います。

 

一度、台湾烏龍茶お試しを!!

いかがでしょう?

一度、美味しい台湾烏龍茶を試されてみてはいかがでしょうか?できれば最初は、お茶の専門店や、台湾茶専門店をおススメします。

ファンになったら、あとは1種類の茶葉を購入して、思う存分楽しんでみるのも良いですね。是非、お試しを!!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。