茶葉を湿気から守ろう!

Tea
Pocket
LINEで送る

先日、全国的に梅雨入りしましたね。

今週の天気予報は、晴れのマークが少ないので、少し寂しい気もします。

そして、梅雨と言えば、「湿気」に注意ですね!

茶葉湿気4

【茶葉を湿気から守ろう!】

日本では、茶摘みが行われ、新茶が出回っている時期ですが、

茶葉の保管は、大丈夫でしょうか?

1か月ほど続く梅雨の時期。

できるだけ、茶葉を湿気から守りたいですよね!

せっかく手に入れた茶葉を、しっかり保管して

美味しくお茶を楽しみたいですよね(^◇^)

お茶・ティーバッグ収納方法1

【茶葉を湿気から避ける!】

以前、「お茶・ティーバッグの収納方法」でも保管の方法をお伝えしました。

茶葉は、「高温」 「湿気」 「移り香(うつりか)」 に弱いんです。

この時期、気になるのは湿気!

湿気から遠ざける事が重要ですね!

【そんなに徹底しないとダメ???】

梅雨の時期だから仕方ないし、そんなに徹底しないとダメなのかな~?

と思いがちです。

実は、茶葉を湿気から避けずに放置しておくと、カビが生えることがあります。

茶葉に含まれる水分が10%以上になると、

発生してしまう恐れがあると言われております・・・

少し、気を遣うだけでも違うので、今一度、保管方法を確認してみましょう!

【茶葉を湿気から守る、簡単な方法】

缶で保管

茶葉を湿気から守る、一番理想的な方法は、コレですね。

お茶ティーバッグの収納6

密閉できる缶です。

できれば、一種類の茶葉、ティーバッグは、各種類ごとに一つの缶で保管しましょう。

何種類ものティーバッグを同じ缶で保管すると、

各お茶の香り同士が、他の茶葉にも移ってしまいますよ!

 

◆茶パッチ◆

そんなに沢山、缶は用意できない時は、コレです!

紅茶 湿気1

茶葉が入っている袋を、茶パッチで閉じて湿気から守ります。

よくお菓子の封を閉じるようなものでも良いと思います。

茶葉湿気2

私は、よくこの茶パッチを使っておりますよ!

茶葉の保管以外にも、使えるので良いです。

【茶葉を湿気から守るために、気を付ける事!】

缶にも入れたし!茶パッチもしたし!もう安心!!と、

思いがちですが、保管場所にも気を遣う必要があるようです。

気を付ける事 1

キッチンの流しの下はNG!

茶葉は缶で密閉されているから大丈夫!なんてことはなく、

流しの下は湿気が多く、カビが生えやすいようです!

ご注意を!

お茶消臭効果3

気を付ける事 2

ガスコンロの近くもNG!

お湯がわく湯気や、熱さで、茶葉もやられてしまいますよ。

茶葉を缶に保管し、湿気から守るためには、コンロ付近も避けましょう。

気を付ける事 3

多分、皆さんは大丈夫だと思いますが、冷蔵庫の中もNG!です。

熱いところがNGなら、涼しい冷蔵庫が良いだろう・・・

これは、冷蔵庫内の臭いを茶葉が吸収してしまいます。

湿気どころか、風味もなにもなくなってしまい、

茶葉=消臭剤 になってしまいますよ!

茶葉湿気5

【茶葉を湿気から守る!】

意外と、淹れやすいから!という理由で、コンロ近くなどに置きがちですが、

気を付けないと、とんでもない事になりそうですね!

せっかく、長時間かけて栽培され、発酵やら乾燥やらさせて、届いたお茶です。

大事にしたいですよね(^^)/

茶葉をしっかり湿気から守り、梅雨を乗り切りましょう\(^o^)/

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。