お茶の成分を学んで、効果的に健康になろう!<第2段:お茶の成分>

Tea, お茶の効能
Pocket
LINEで送る

お茶は健康的な飲みものだと言われております。
健康的な飲み物だからと言って、お茶なら何でも良いのか?

お茶には、カテキン、カフェイン、ビタミン類、アミノ酸類、フッ素などが含まれています。
これらの成分は、お茶とともに体内に吸収される。そして各成分ごとに、健康的な効果の役割が異なります。もしこの成分の役割と、成分の味が分かれば、どのお茶を飲むべきかが見えてくるのではないのでしょうか。

お茶の効能を知ろう6

例えば、お茶でうがいをすると殺菌効果で風邪予防にもなると言われている。
実はこれ、カテキン効果が働いているのです。この場合、あなたは「緑茶」と「紅茶」のどちらが、より効果的かご存知ですか?答えは「緑茶」。緑茶の方がカテキンが多く含まれております。

お茶の成分は、近年、科学的に実証されつつあります。
健康を意識してお茶を飲むなら、お茶の成分の知識を得て、効果的に健康になった方がいい。まずは「お茶の成分」と「その成分の舌で感じる味」を学んでみよう。

カテキン

お茶の成分を学ぼう8

渋いお茶は、カテキンが多く含まれています。
カテキンは、お茶の渋みの軸となる成分なんです。カテキンはフラボノイドの一種で、ポリフェノールも含みます。ポリフェノールと言えば、ワインにも含まれており様々な健康効果があると言われていますね。

このカテキンは「緑茶」と「紅茶」で含有量が異なります。
これは製造過程の違いによるものです。「紅茶」は製造過程で葉っぱを酸化発酵させる際に、カテキンは違う成分に変化してしまいます。「緑茶」は発酵度を抑制させます。結果、元々のカテキン含有量が多く残るっているのが、緑茶というわけです。

 

 

カフェイン

お茶の成分を学ぼう4

カフェインは皆様ご存知、コーヒーにも含まれているあのカフェインです。

ただ、1800年代前半までは、コーヒーに含まれているカフェインと、紅茶のに含まれているカフェインは別物とされていました。それまでは紅茶に含まれているカフェインは「茶素(テイン)」と呼ばれていました。でも科学の進歩とともに、「カフェイン」と=「茶素(テイン)」は同じ化学構造をもつことが分かり、カフェインと統一されたんです。

また、取れたてのお茶の葉っぱと、コーヒー豆のカフェイン含有量は、
お茶の葉っぱ : コーヒー豆 = 2 : 1 の割合です。
これが1杯の紅茶 : 1杯のコーヒー = 1 : 2 と逆転します。

ちなみに、緑茶と紅茶のカフェイン含有量は同じ量です。カフェインを気にする場合は、どちらのお茶でも好きなように飲めますよ。

 

 

ビタミン類

お茶の成分を学ぼう5

ビタミンは健康的な生活には不可欠。必須栄養素の中に入っております。

実はこのビタミンC、緑茶に多く含まれていることをご存知でしたか?しかも、レモンの数倍ものビタミンCを豊富に含んでおります。ただ、緑茶は緑茶でも上質な煎茶に多いとか。玉露や抹茶よりも煎茶に多く含まれていることをお忘れなく。

そして勘違いして欲しくないのが、ペットボトルの煎茶。確かに「ビタミンC」と記載されています。これはくれぐれも酸化を防ぐためのビタミンCです。お間違えなく。

 

 

アミノ酸類

お茶の成分を学ぼう7

アミノ酸は、いわゆるうま味成分です。

トロンとした甘い味わいのお茶に多く含まれております。ということは、玉露にたくさん含まれているというわけです。玉露は甘くてうまみ成分たっぷり。これはアミノ酸によるものだったんですね。
また、新茶(一番茶)にも多く含まれております。甘くてトロンとした味わいの新茶もたくさんあります。二番茶、三番茶・・・と摘み取る時期が変わってくると、甘みは無くなります。渋みを感じることが多くなり、アミノ酸よりもカテキンが多く含まれていることが想像できます。

 

フッ素

お茶の成分を学ぼう6

最後に、フッ素です。

フッ素は実は、体内に欠かせない必須微量元素と呼ばれています。
例えば、Fe(鉄)は血液を運ぶ要素として不可欠のものですこのFe(鉄)の素になっているのが、F(フッ素)です。そう考えるとフッ素は無くてはならないものなんですね。フッ素は、様々な食品の中に含まれております。その中の1つに緑茶が上げられております。

お茶の成分を学ぼう3

お茶には、色々な成分が含まれているんですね。
科学的に実証されているのはごく一部。でもお茶に何が含まれていて、その成分がどんな味なのかが分かるだけでも、効果的に成分を体内に吸収することができます。次回は、その成分が体内でどんな働きをするのか、お茶の効能についてご紹介します。

Pocket
LINEで送る

3 comments

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。