茶農家の魂が込められている静岡県「両河内茶」!Teaプロジェクトの活動も素晴らしい☆

日本, グリーンエイトさん(静岡 両河内茶), 緑茶, 茶園
Pocket
LINEで送る

【新茶・日本茶 2015 特集!!】

静岡県は、日本第1位のお茶の生産地です!
今回は、その中でもお茶に魂を込めて
作っていらしっゃる両河内茶を取り寄せてみました。
両河内茶2
この地域では「Teaプロジェクト」も立ち上げ、
盛り上がっているようですよ!

 

「新茶・日本茶 2015 特集!」
【1】新茶の時期ですね!全国の茶園からお取り寄せも!!
【九州地方の新茶2015】
「屋久島新茶 あさつゆ 2015」
「知覧新茶 ゆたかみどり 2015」
【中国・四国地方の新茶2015】
出雲茶をお取り寄せ!喫茶の習慣が根付いている出雲のお茶です!
桃翆園 出雲新茶「極上桃翆」 味わってみました!お茶請けに合う!!
【近畿地方のお茶2015】
樹齢300年以上もの大茶樹から作られている「幻の銘茶」が滋賀県にあった!
幼少の石田三成が秀吉に献じた「政所茶」!味わいも歴史も深みがある!!
政所茶に付いてきた新茶を味わいました!

【東海地方のお茶2015】
Teaプロジェクトに、茶農家の魂を込めた「両河内茶」(りょうごうち茶)!
◆やまがすみ 味わいました!
◆わだしま 味わいました!

 

国内第1位の静岡茶!!

両河内茶10

東海地方からは、国内第一位の静岡茶を選びました!
静岡茶と言っても、静岡茶はまた各地ごとに種類がたくさんあります!!

 

▼このマップは、静岡県だけのマップです。
両河内茶8

さすが、お茶の産地静岡県だけありますね。

そして、有名どころのお茶は、掛川辺りに集中しております。
例えば、掛川茶、藤枝茶などは、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

私もこの辺りのお茶は、実家でよくいただいておりました。

今回は!!
静岡茶の中でも、まだいただいたことのないお茶にしようと考えておりました。

 

 

幻想的な茶園!「わたくし雨」に育てられている!!

両河内茶7

色々と調べている中、気になったのが、この幻想的な風景の中にある茶園でした。

そして一言、
「わたくし雨に 育てられました」

わたくし雨とは=わたくしの畑を潤してくれる雨 という意味だそうです。

この地域は、四方を山々で囲まれてるため「にわか雨」が多いそうです。

自分の畑を潤してくれる雨は、両河内の方々にとっては、
大変ありがたい恵みの雨という訳です!!

 

▼また、山々に囲まれているこの地域は、幻想的な風景が広がっております☆
両河内茶11

更にこの風景をご覧になりたい方はコチラへ→幻の山里

景色は行ってみたくなるくらい、とても良い風景ですよね。

でも、茶園は山の斜面にあるため、
茶園の管理や収穫時などは、大変ご苦労が多いかと思います。

ちなみに「わたくし雨」の詳細はコチラです→わたくし雨

 

 

両河内茶の為の「Teaプロジェクト」!!

両河内茶6

両河内の地域では、「Teaプロジェクト」も立ち上げており、
地域全体でこの「両河内茶」を守り続けたい!という思いが伝わってきます!

また、毎年夏に「富士山プレミアム茶」イベントとして、
富士山山頂の「浅間大社奥宮」に奉納しするそうですよ。

奉納したお茶は、登山客の方にふるまうそうです☆
「両河内茶」を大切に思う気持ちが、よく伝わってきますね。

 

 

グリーンクリエイトよりお取り寄せ!!

両河内茶4

今回は、そんな茶農家の方々の思いに感銘し、
この両河内茶を取り寄せてみようと思いました(*^▽^*)

その中でも、独特の味わいを出しているHPを見つけ、ここから購入しました。
ネット社会の現代ですが、どこかホッとするようなホームページなんですよ。

その名も「グリーンエイト」!!
お茶作りが生きがいの農家が集まって、会社を作ったそうですよ☆

素晴らしい!!

そんなグリーンエイトのHPは、PCだけど柔らかいタッチの手書きが特徴です。
両河内の地域の方々の、温かい人柄が伝わってきますよ。

グリーンエイトからは2種類の茶葉を取り寄せました。
味わいレビューも、お楽しみに!!

Pocket
LINEで送る

3 comments

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。