知覧新茶 ゆたかみどり 2015 味わってみました!トロンした甘さが広がる!

日本新茶, Tea Life, 茶葉レビュー, 紅茶, お家で Cafeレビュー
Facebook にシェア
Pocket

【新茶・日本茶 2015 特集!!】

さて、いよいよ「知覧新茶 ゆたかみどり2015」のレビューです。
品質管理も知名度も高い、知覧茶の新茶です。
知覧新茶 ゆたかみどり 2015-2
知覧茶は、数年前からハマっております☆
今年も、あの甘みが味わえるでしょうか。
楽しみです!!

 

「新茶・日本茶 2015 特集!」
【1】新茶の時期ですね!全国の茶園からお取り寄せも!!

【九州地方の新茶2015】
屋久島茶を発見!!屋久島でもお茶を生産していた!!
「屋久島新茶 あさつゆ 2015」 味わってみました!
知覧茶は毎年楽しみ!日本第2位鹿児島県の産地です!
「知覧新茶 ゆたかみどり 2015」 味わってみました!

 

知覧新茶 ゆたかみどり 2015!

知覧新茶 ゆたかみどり 2015-8

いよいよ!!
知覧新茶 ゆたかみどり 2015 今年の新茶の味わいレビューです!

先日もふれましたが、鹿児島県の南九州市は知覧町で栽培されているお茶です。
町をあげて栽培されており、今では町の特産物!!

また数々の賞も受賞しており、品質も高く、管理もきちんと行き届いております。
鎌倉時代からの歴史もあり、生産者の方々のお茶に対する思いも伝わってきます。

今日は、そんな知名度の高い知覧新茶のご紹介です。

お茶の味わいにも、生産者の方々の努力と強い思いが感じられる、
そんな味わいでした☆

では、ご紹介させていただきます!

 

 

茶 葉!

知覧新茶 ゆたかみどり 2015-2

まず!!!
封を開けると同時に、袋の中から伝わってくるキリット鼻を抜ける香り!!

まず、この香りがたまらなく良いんです☆

芯がある香りですが、その周りにふんわ~り優しい甘めの香りも漂い、
何とも言えないアロマの香りです。

ダージリン・タルボもアロマ的な香りを感じました。
この知覧新茶は、芯を残しつつ、柔らかいアロマの香りがします☆

茶葉はちょっと細かめの茶葉に仕上がっております。

茶葉だけ見ていると、どこにでもあるようなお茶に見えますが、
人間と同様?!外見だけでは、分からないこともありますよね!

 

 

抽 出!

知覧新茶 ゆたかみどり 2015-9

さて、今回は

お湯の温度は、70~75℃
抽出時間は、1~1.5分
お茶の量は、4~5グラムです。

先日の屋久島茶は、お湯の温度が75~80℃でした。
今回の知覧新茶は、更に玉露に近い温度70~75℃です。

お湯の湯気の目安は、
「湯気が出ているのか出ていないのか、スレスレの感じ」です。

こちらは2度試してみましたが、お湯の温度が低いほど、トロンとした甘みが出ました☆

70℃位の低温で抽出することによって、美味しい甘みが出てくるようです。
アツアツの温度で淹れたものが冷めて、美味しくなるわけではありません!

抽出時のお湯の温度次第で、それほど美味しさにも影響が出てしまうんです。
上手く淹れられると良いですね(^O^)/

 

 

味わい!

知覧新茶 ゆたかみどり 2015-3

味わいは!!

今年の知覧新茶も、期待通りのトロンとした味わいでした!!
最初にキリットしたしっかりした味を感じ、甘~く美味しい味わいが口の中に広がります!

先日の屋久島新茶は、逆でしたね。
後味の方がスッキリしておりました。

同じ新茶でも、味わいが違うのが分かります。

さて、明日は四国・中国地方のお茶をご紹介します!

Facebook にシェア
Pocket

5 comments

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。