紅茶 CTC製法!

Tea, お茶の製造・グレード, 「お茶の製法」, 『豆知識』 知って楽しい!お茶知識♪, 紅茶, お茶って?
Pocket
LINEで送る

今まで、何度かこのブログに登場した、紅茶の「CTC製法」

今日は、この製法のお話です。

【紅茶のCTC製法:Crush Tear Curl!】

抽出時間をもっと早めたい!という思いからできた紅茶・CTC製法。

仕上がりは、丸くてミルクティーに最適です。

「CTC」とは、Crush Tear Curl(クラッシュ・テアー・カール)の略で、

C:押しつぶして、T:引き裂いて、C:丸める」という意味です。

この名は、紅茶をCTC製法する時の流れからきているのでしょうか?

紅茶の葉グレード2

【紅茶のCTC製法の流れ!】

またまた、簡単にまとめてみました。

CTC製法流れ
(※写真:『紅茶辞典』㈱新星出版社/磯淵 猛著/一部引用しております)

以前ご紹介した、紅茶のオーソドックス製法は、

萎凋、揉捻、ふるい分け作業が入っていましたが、

紅茶・CTC製法は、ローターバンやCTC機を使って、

つぶしたり、引き裂いたり、丸めたりしています。

 

【紅茶のCTC製法!詳しくみていきましょう】

【摘採】いわゆる茶摘みです

CTC摘採

紅茶 CTC製法は、アッサム地方のシロニバリが有名ですが、

最近では、アフリカ・ケニアも頑張っています。

ちなみに、アフリカは、紅茶世界生産国第3位ですよ。

【ローターバン】揉みながら細かくカット

CTCローターバン

揉みながらカットするので、オーソドックスのような揉捻作業はしません。

ローターバンから出てきた茶葉は、ねじられ、つぶされ、カットされ・・・

言葉だけ聞くと、葉っぱも散々な目に合ってますね・・・(笑)

【CTC機1】更に細かく!

CTC引きちぎる

まだ、細かくカットするんですね!

徹底的にCTC「押しつぶして、引き裂いて・・・」の繰り返しですね!

【CTC機2】茶葉を分類

CTC丸められる

やっとCTC機から出てきたときには、もう丸まっています。

機械化の進歩は、本当に凄いですね(=゚ω゚)ノ

【発酵】茶葉を発酵

CTC発酵

茶葉の形を整えて、専用の部屋で発酵させます。

これは、オーソドックス同様、紅茶・CTC製法も発酵させます。

【乾燥】茶葉を乾燥機へ!

CTC乾燥

最後に乾燥機に入れて、熱風を当てて出来上がりです!

 

【紅茶のCTC製法!全て機械化!】

見ての通り、摘採(摘み取り)以外は、

ほとんど機械化されているようですね!

この紅茶のCTC製法は、オーソドックス製法より後に開発されたので、

アン・オーソドックス」などと呼ばれることもありますよ。

CTC製法

【紅茶のCTC製法!便利で使いやすい!!】

全部機械化とはいえ、手間暇かかっていることには変わりありませんね。

でも、このCTC製法で仕上がった紅茶は、使いやすいですよ!

製法の過程で細かくカットされている(要はブロークンタイプ)ので、

抽出時間も短めで、現代的とも言えます。

ティーバッグでも、このCTC製法のものをよく見かけます。

また、特にアッサム紅茶のCTC製法のものは、

抽出し過ぎても、ミルクを入れれば渋みがなくなるので、

便利で手軽に淹れることができますよ!

CTCみかけたら、是非、試してみてくださいね(^o^)/

CTC製法2

Pocket
LINEで送る

One thought on “紅茶 CTC製法!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。