今朝は「大雪山野生茶」の魅力にとりつかれてしまいました!今日も野性的なお茶から 1日がスタートします。いやぁ、美味しい!「プーアル茶」【本日の1杯】

本日の1杯
Pocket
LINEで送る

あらゆる種類の学びごとには、基本が大切。

人間力、人間の魅力も、基礎があるんだなぁと

感じた朝です。

 

***

基礎

 

どんなにオシャレでキレイな建物でも、

「基礎」部分がしっかりしていなければ、

いざというとき、崩れてなくなってしまう。

 

建物は、最初の基礎つくりが重要であり、時間もかけている。

(去年、お隣さんの畑に家が建った。その様子を思い出した)

 

同じように、

どんなジャンルにも「基礎の基」は存在し、おろそかにしてはいけない部分。

基盤がととのっていないと、いくら高級な技術を習っても身につかない。

 

そして人間力にも基礎がある気がする。

 

ある作家さんは、「教養」が大事だと仰っている。

「教養」って調べると、こう書いてある。

学問・知識を(一定の文化理想のもとに)しっかり身につけることによって養われる、心の豊かさ。

 

そう!心の豊かさ。

まだ自分の中で言語化できずにいますが、

人間力を磨きたいと思った、朝でした。

***

 

さて、今朝はHOJOさんの「プーアル茶 生茶:大雪山野生茶 2018」をいただいております!

この軽いクセのある味わい、たまりません。
昨日に日続き、今朝のお茶も野生っぽい!!

  • そう思っていたら、茶名に「野生茶」とある。
  • そして、燻製っぽさもあり、
  • 薄色なのに、力強い味わいです!

これまた、私は好きでたまらない味わいです。

第一印象は、なんというか「水仙茶っぽい」「燻製っぽい」でした。

プーアル茶っぽくない。
プーアル茶と言えば、中国のお茶。

昔、母親が中国でベニヤ板を買ってきた?!ところがベニヤ板ではなく、プーアル茶だった(笑)

そのときの印象は、砂糖が入っているような甘さと、カビ臭さ。

しかし、このプーアル茶は、いい意味でプーアル茶っぽくないのが良いです。

ちょっと苦手意識があったプーアル茶でしたが、これはもうファンになりそう!

美味しいです。

 

今朝は、大雪山野生茶の魅力にとりつかれてしまいました!

朝からお茶を飲む手が、止まりません。

お陰でブログの執筆の方は、中断しっぱなしでした(笑)

では、今日もよい一日を。

******************************

【茶葉/生産者情報】

◆HOJO さん

プーアル茶 生茶:大雪山野生茶 2018|中国

HOJOさん
・世界中の色々なお茶がそろっております。
・個人的には、青茶系がおすすめです!
********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

当分は、お休みか新潟県内巡りとなるでしょう。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。