茶畑が雪をかぶっても、立っているお茶の樹は強い?!

Tea, お茶好きのつぶやき, Tea Life
Facebook にシェア
Pocket

  • 今年は、全国的に大雪。
  • 毎年思います。
  • お茶の樹は、雪をかぶっても平気なのだろうか?と。

 

結論から言っていみると、恐らく大丈夫なのでしょう。

お茶が雪をかぶった茶畑の写真を、何度も拝見したことがある。また、雪がちょっとかぶったからと言って、お茶が全滅したという話も聞いたことが無いからです。

そもそも、毎年必ず雪が降る地域では、お茶を育てていないようです。

私が住んでいる新潟でも、本当に雪深いところには、茶畑はありません。

でも、単純に少しでも雪に覆われているお茶樹は、崩れずにいるので力強いと思います。

雪の中は、暖かいのだろうか?

雪で作ったかまくらの中は、暖かい。

実は、お茶の樹が雪で覆われていても、茶畑の中も暖かいのだろうか?むしろ雪で覆われている方が、暖かいのかもしれない?!

雪もすぐに解けてしまうような場合は、あまり問題ないのかもしれません。

しかし、雪も積もる量によっては、重くなるでしょう。

それでも、びくともしないで立っている茶畑は、やっぱりすごいと思います。

だからこその、美味しいお茶なのかもしれません。

 

 

雪に覆われた野菜も、美味しいという。

お茶は、寒暖差が大きいほど良いといいます。

  • 確かに、寒いときにうま味が凝縮するそうです。
  • 野菜も、寒いと凝縮するのでしょうか?

最近でしょうか?

ここ新潟の畑では、雪が降る前に全ての野菜の収穫をしない様です。

例えば、大根は雪が降ってから、食べる分だけ少しずつ収穫したりするそうです。雪が降っても食べないぶんの大根は、雪と土の中入れたまま。

雪が降ってから収穫した大根は、甘みが全然違います。先日はじめて、雪の日に収穫したばかりの大根をいただきました。

うま味が凝縮されておりました!

 

 

寒暖差にも動じないお茶は、力強い!

確かに、自然の中で育てて収穫するものは、寒暖差があったほうが美味しいものもあるでしょう。

お茶もその一つ。

しかし、いくらなんでも暑くても寒くても、1年中そのまま立っているのは、よく考えると凄いことだと思います。

  • 雪にも負けずに、強いほど、
  • 寒暖差にも負けないほど、
  • 美味しさをギュッと凝縮してくれる、お茶。

恐らく育て方も、わきまえていらっしゃるのでしょう。

1年間、暑さも寒さも乗り越えて、また次の春から美味しい茶葉に仕上がるのが、やっぱり楽しみな時期ですね。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

美味しいお茶に仕上げるには、その場の状況をキャッチする能力も必要?!
お茶は「自分でおいしさを引き出せる」というメリットがある。
天候や季節に合わせて淹れたお茶は、美味しい。
お茶は環境に合わせて、柔軟に淹れるとおいしい!
お湯の余熱だけで、たった数分で茶葉が開くって凄い。

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。