お茶は抽出温度がバラバラなのがいい。  

Tea, お茶好きのつぶやき, Tea Life
Pocket
LINEで送る

  • お茶は、種類によって淹れるお湯の温度がマチマチです。
  • 温度が違うお湯を使うのは、お茶だけかもしれません。
  • しかし、この温度差があるおかげで、楽しめるのかもしれません。

 

お茶の種類は、たくさんあります。

紅茶、煎茶、玉露、ほうじ茶、玄米茶などなどです。

そして、どれも基本的な味わいが異なります。淹れ方も、異なります。明らかに異なる淹れ方のポイントは、「お湯の温度」です。

種類ごとに、明らかにお湯の温度が異なるのは、お茶だけかもしれません。

コーヒーはどうなのでしょうか?ローストによるのでしょうか。種類によるのでしょうか。あまり聞きません。

お茶は、だいたい決まった温度で淹れると、美味しく仕上がります。少しおっくうに感じることもあるでしょう。

しかし、その温度差のお陰で、飲みたいお茶が選べるという利点があります。

いつからでしょうか?お湯の温度が決まっています。

お茶は、種類ごとに抽出時のお湯の温度が異なります。

  • 例えば、煎茶は70度前後。
  • 玉露は60度前後。
  • 紅茶やほうじ茶は、沸騰したお湯。

いつからでしょうか?色々と飲まれて、このような設定に落ち着いたのでしょうか?

確かに、このくらいの温度で淹れるお茶は、美味しく仕上がります。

煎茶でも種類ごとに温度が異なったりします。紅茶でも、場合によっては90度くらいがいいこともあります。しかし、基本はお茶の種類ごとにバラバラです。

一見、面倒くさいかもしれません。

 

 

環境に合わせて、美味しいお茶が選べる。

面倒くさいかもしれませんが、美味しく仕上がりますし、楽しみが増えます。

  • 例えば、寒い日の朝は沸騰したお湯を使うお茶。
  • ちょっと温かくなったら、70度くらいの煎茶。
  • 夏の暑い日は、60度くらいの玉露や、アイスティー。

季節ごとに、お茶の温度を変えて、同時にお茶の種類も変えることができます。

そして、1日の中でもお茶の種類を変えて、温度も変えていただくことができるのです。このおかげで、色々なお茶がいただけるのです。

もし、玉露しかなかったら、寒い日の朝は直ぐに冷えてしまうでしょう。

今まで気づかづにお茶を飲み続けておりましたが、温度差のお陰で楽しく飽きずにいられるのかもしれません。

 

 

色々な種類があるお茶は、飽きませんね。

お茶は、1種類だけでも楽しいです。

しかし、季節などに合わせて、色々なお茶がいただけるのは、とても楽しいことです。1種類しかこの世にお茶がなかったら、飽きていたかもしれません(笑)

また、温かいお茶だけではなく、アイスティーでもいただけるところが、またいいのかもしれません。

そして、色々なフルーなどとの相性がいい紅茶の存在も、これまたいいのかもしれません。ミルクとの相性もいいです。

お茶は本当に色々な種類、そして飲み方、アレンジティーなどがあるので、楽しみ方も多いように思います。

これがお茶にハマってしまう要因でもあり、飽きずにいられる要因の1つなのでしょう。

お茶の魅力は、まだまだたくさんあります。やっぱりお茶は、面白いですね!

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

同じ緑茶でも、種類によっては「湯呑」「急須」「茶筒」を変える理由。
お茶は「自分でおいしさを引き出せる」というメリットがある。
天候や季節に合わせて淹れたお茶は、美味しい。
お茶は環境に合わせて、柔軟に淹れるとおいしい!
茶葉の保管方法のコツをつかむと、お茶が美味しく入れられるようになる!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。