お茶でうがいは、風邪をひいてからでは遅い?!

Tea, お茶好きのつぶやき
Pocket
LINEで送る

  • お茶は、風邪によさそう。
  • しかし、それはあくまでも予防策。
  • 元気なときから、お茶でうがいなどをすると予防になるといわれております。

 

以前もテレビ番組でも取り上げられておりましたが、「お茶は風邪にきく」のか?

予防策として、普段からお茶を飲んだり、お茶でうがいをすることで、風邪をひきにくくなったとのことです。

実際に私の感触でも、「のどがイガイガ」するときにお茶でうがいをすると、スッキリします。ただし初期の段階だからこそ、スッキリするようです。

でも、悪化してからの対策には向かないようです。

風邪をひいてからの「うがい」は期待なし。

今回は、私自身ではありませんが、面白い事実が分かりました。

「風邪をひいた」という自覚をもってから、あれこれ予防対策をしても効果は見られません。当たり前ですが、なってからの予防策は何でも意味がありません。

実は母親が、年末から年明けにかけて、風邪をひきました。(私事ですが…)

恐らく最初の段階で、手を打っていれば3日くらいで収まったのかもしれません。

そして、悪化してから「そうだ、お茶でうがいだ!」と気づいたらしく、一生懸命うがいをしておりました。しかし、2日後くらいには、かすれ声になり咳も出始めました。

悪化してからのお茶は、やはり期待はできないようです。

 

 

お茶だけに頼るのも、また違う?!

今、私の近所の学校では、冬になると学校にお茶を入れた水筒を子供にもたせるところがあるようです。

何をするのか?

休み時間ごとに、お茶でうがいをするそうです。確かに、しないよりは期待できそうです。

しかし、やはり風邪をひくときは引くものです。

お茶だけに頼らずに、コントロールできる範囲で色々と工夫することで、風邪をひかずに済んだり、長引かせなずに済む気もします。

実際に私は、「風邪はひかない」と決めてから意識が変わりました。

決めてからは、風邪を長引かせたことはありません。体力が付いたとかではなく、ちょっと気を付けて早めに行動するだけです。

プラス、お茶でうがいをしたりもしています。

 

 

普段の暮らしの中で取り入れると◎

お茶でうがいをしたり、お茶を飲むことは普段から取り入れることで、身に付くものだと思います。

普段の暮らしの中にお茶があれば、イザという時に「お茶」を利用することもできるのです。「利用する」では言葉は悪いのですが、普段から使い慣れることで、活用できるのはないでしょうか。

ただし、風邪を直してくれるわけではなく、あくまでも予防です。

今回は、たまたま母親の行動を見ていて、個人的に「やはり、引いてからのお茶は効果なし」という結論にたどり着きました。

様々な予防策を取り入れたりする中の1つに、「お茶でうがい」という予防策もあるようです。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

お茶の効能・成分知識を得て健康的になろう!<まとめ>
緑茶のカテキン効果を有効的に取り入れながら、緑茶を楽しむ方法とは?
抹茶の効能!お茶は葉っぱの育て方、仕上げ方で成分や効能も異なる。
毎日飲んでいるお茶だから、お茶の効能くらい知っておこう!
お茶の効能記事一覧

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。