自分らしさを引き出そう。

実現に向けて!, 気づき、感じたこと, 継続・工夫・続ける!, 次のステップへ!, 自己実現
Facebook にシェア
Pocket

  • 良くも悪くも、自分らしさを知ることは大切だ。
  • 自分を知っていることが、強みになる。
  • 内側に追いやらず、引き出してみよう!

 

自分がどんな人であれ、自分自身のことを知ることは大切だと思う。

こうあるべきだとか、こうしなければいけないとか、表面的なことではなく、本来の自分を知ろう。

何をやるにも、自分の強みと弱みを知ったうえで、実際に行動することが大切だ。強みを知っていれば強みを伸ばしていくことも可能だろう。

でも、何も知らなければ、究極なにも打つ手がないということになる。

これでは、やりたいことも形にできないだろう。いつまでも、「こうあるべき」という作り上げられた自分だけが独り歩きする。

自分を知るには、素直に向き合うしかないのだ。

自分の気持ちを感じよう。

自分を知るには、まずは自分が自分自身の気持ちに耳を傾けるしかない。

  • 最初は、オブラートに包み込んだことしか、聞こえないかもしれない。
  • 体裁を整えたことしか、響かないかもしれない。
  • それでも「本当はどうなんだろう?」と掘り下げてみよう。

誰にもどこにも遠慮せず、聞いてみよう。徐々に自分の本来やりたかったことが、見えてくるものだ。

「あれ、私はこんなことがしたかったんだ。」「そうだそうだ。これがしたいと思っていたんだ。」と、思い出すこともあるだろう。

まずは、素直な気持ちを受け入れてみよう。

 

 

空いてしまった、隙間を埋めよう。

「するべき自分」と「本来の自分」の間にできた隙間を埋めてみよう。

人は子供のころと比べると、自分の気持ちを押し込めて、本来の自分とは裏腹な行動をとってしまう傾向がある。

そのうち自分の本当の気持ちを、どこかに忘れてしまうのだ。そして、「するべき自分」が本来の自分だと思いこんでしまう。

「本来の自分」を思い出したときには、「するべき自分」との距離がかけ離れていることに気付く。

もう戻ることはできないと思い、また「するべき自分」に戻っていく。

でも、空いてしまった隙間は、いつからでも埋められる。ということに気付こう。

人は自分の人生を終えるときに「もっとやりたいようにやればよかった」と後悔することが多いという。

勇気をもって、今からでも隙間を埋めてみよう。

 

 

引き出せるのは、自分しかいない。

本来の自分を引き出せるのは、自分自身しかいないのだ。

周りの誰かが引き出してくれるとは限らない。

手助けはできても、実際に引き出そうと本人が思わない限り変わらない。いくら応援しても、本人が本気で引き出そうと思わない限り、何も変わらない。

例えばお茶の抽出。

目の前の茶葉と向き合うほどに、美味しいお茶に仕上がる。同じ茶葉なのに、美味しさを引き出せるときと、引き出せないときに分かれるのは、向き合い方が足りないときだ。

同じように、同じ自分と向き合うことで、引き出せることはたくさんある。

どんどん引き出していこう。

年を重ねるごとに、もっと新しい自分を引き出そう!

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

心を綺麗に保つことが、自分の幸せにつながる。幸せは周囲にも伝染する。
目標を共有しよう!共有されると、色んなことが加速する?!
気持ちを立て直すと、うまくいく。いい運気が流れ込む。
自分の夢を語った時に「将来が楽しみ!」と心から思える環境を、見つけよう。
夢は大きいほど、今が楽しくなる!

********************

【ブログ著者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。