相手の立場に立つと、ブレない。

実現に向けて!, 気づき、感じたこと, 自己実現
Facebook にシェア
Pocket

  • 何かを提供するとき、相手の立場にたつといい。
  • 何度も想像したり検証するくらい、相手の目線で見てみよう。
  • 何がいいのか理解できると、ブレなくなる。

 

相手にとって何がいいのか?

それは、相手の目線で物事をみていくと想像できるだろう。相手の立場に立つには、相手を尊重するといい。

当たり前のことだが、つい自分目線になりがちだ。

提供したものが、何らかの形で自分に返ってくるとなると、やはり人間は返ってくることを中心に考えてしまう傾向にある。

でも、相手の役にたつことで、最終的に自分にもまわってくるのだと思う。

まずは、相手の立場で。

相手の立場にたつことは、簡単なようで難しい。

  • 勝手に自分本位に想像するわけにはいかない。
  • 単に欲しいものを目の前に出すだけでも、中途半端だ。
  • 相手がストレスなく手に入れられて、喜びが継続するものでなければいけない。

例えば、何かの機器を購入したとしよう。

しかし、扱いにくかったら意味がないし、設定も難しいようでは使い道にならない。ストレスなく使えるような仕組みも大事だ。

ストレスなく使えても、壊れたらどこに頼っていいのか分からないものでは、手に入れた後まで喜びは継続しないだろう。

なにも相手のわがままを聞くわけではない。

ストレスなく手に入れて使いきるまでを、想像してみよう。

 

 

相手の立場にたつと、迷いがなくなる。

相手の立場に立ってみると、具体的に見えてくることがたくさんある。

  • どうして必要なのか?
  • 何がしたいのか?
  • どんな風に扱いたいのか?

などなど、相手の状況なども見えてきたりするものだ。

それをもとに動き出してみると、自分が今まで考えていたことと、相手の状況や考えていることは、かなりかけ離れていたことに気付くだろう。

でも少なくとも、「目の前の相手が喜ぶことは何か」に近づける。

「何」が見えてくると、おのずとその「何」に向かって動き出せるものだ。

動いているときは、自分の見返りなど気にも留めていない。ただ、一心に「何」に近づくために、ブレずに前進するのみだ。

 

 

常に寄り添う気持ちで。

自分のできることで、相手に寄り添い続けることも大事。

  • 一度相手の立場に立って終わりではない。
  • 常に寄り添う気持ちは、見えなくても伝わるのだろう。
  • なにも、相手にいい顔を見せる必要はない。

自分のできることで、継続して相手の立場を理解しようと思う気持ちが、大切な気がする。

形式的に表面的に考えていては、相手のことはずっと分からないままだろう。

しかし、相手の立場に立ってみると、相手のために自分ができることを精一杯してみようという気持ちになるものだ。その気持ちが、大事なのだと思う。

目の前のことだけを考えていると、いつまでも相手との距離は縮まらない。

見えなくても、寄り添う気持ちが大事なのではないだろうか。

ユーザー目線は、奥が深いことに気付こう。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

心を綺麗に保つことが、自分の幸せにつながる。幸せは周囲にも伝染する。
目標を共有しよう!共有されると、色んなことが加速する?!
気持ちを立て直すと、うまくいく。いい運気が流れ込む。
自分の夢を語った時に「将来が楽しみ!」と心から思える環境を、見つけよう。
夢は大きいほど、今が楽しくなる!

********************

【ブログ著者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。