寒い日でも、茶器をしっかり温める方法。

Tea, お茶好きのつぶやき, Tea Life
Pocket
LINEで送る

  • 寒い日は、温かいお茶が恋しくなります。
  • 茶器をしっかり温めてから、抽出したいものです。
  • 温め方が足りないと、直ぐにお茶も冷めてしまいます。

 

抽出前に、急須やティーポットやカップを温めることも、美味しいお茶つくりのポイントです。

茶器を温めるためには、お湯を茶器に注ぎ、温まるまで待つだけです。

お湯を入れるだけの、とても簡単な茶器の温め方。

しかし、本当に寒い日や朝一番は、この簡単な温め方では不十分な場合があることが分かりました。

茶器をしっかり温めることが、美味しいお茶の抽出の第一歩。しっかりと温めておきたいものです。

なぜ、直ぐに冷める?

通常、紅茶やお茶を淹れる前に、茶器を温めます。

  • 熱めのお湯を、ティーポットやカップに注ぎます。
  • ある程度温まってから、お茶の抽出を始めます。
  • 基本はこの方法で、最後まで温かくいただけます。

しかし、寒い冬や本当に冷え切っているときは、この方法が通用しない場合があります。

自分ではしっかり温めたつもりなのに、なぜ?

特に寒い日は、少しでも時間が経つと、直ぐに茶器が冷えてきます。茶器も、外気の影響を受けやすいからでしょう。

気温が低いときは、できるだけ長時間、温かさが保つように工夫することも必要だと思います。

 

 

直ぐに冷めては、温め方不足。

茶器が冷めている時点で、美味しさは半減します。

  • 冷めた急須で淹れても、美味しく仕上がりません。
  • 冷めたカップに注いだら、せっかくのお茶が台無しです。
  • 最初だけアツアツでも、温め方不足です。

気温が低いと、最後のほうに飲むお茶は、冷え切ってしまします。外気の影響を受けて、直ぐに冷めてしまいます。

私は数か月前に、雪国に引っ越してきました。

寒い冬は、何故か直ぐにお茶が冷え切ってしまうのです。数分ももちませんでした。もちろん室内は、暖房をつけております。

そこで、茶器の温め方を見直しました。

すると、最後までアツアツの状態で味わうことができるようになりました。

 

 

最後まで、しっかり温かさも味わおう!

最後まで温かいお茶を楽しむには、最初が肝心。

温め方の方法は、いくつかあるでしょう。

  • 基本の温め方を、お湯を入れ替えながら2~3回繰り返す。
  • 食器用のオーマーに常備しておく。
  • 熱燗を温める感覚で、小鍋を使う。

短時間ですむ方法は、小鍋を使う方法でした。24時間完備のオーマーがあれば、それが一番です。

熱燗はなぜ冷めにくいのか?ここからヒントを得ました。昔は、沸騰した小鍋などのお湯の中に、お酒を入れた徳利をそのまま鍋の中に入れて、温めておりました。

この原理を利用して、茶器の芯まで温めてから、お茶の抽出に入ります。間髪入れずに蒸らし始めます。

その間は、湯呑やカップは継続して温めておきます。

ポイントは、茶器の芯まで温めて、直ぐに抽出に取りかかることです。

他にも方法はあると思います。工夫することで、いつも以上に美味しくなるものです。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

同じ緑茶でも、種類によっては「湯呑」「急須」「茶筒」を変える理由。
お茶は「自分でおいしさを引き出せる」というメリットがある。
お茶を飲むタイミングにも、好みがある?!
同じ煎茶でも、好みが分かれる。
茶葉の保管方法のコツをつかむと、お茶が美味しく入れられるようになる!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。