ティーバッグも、その時々で使い分けると美味しいお茶が楽しめる。

Tea, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, Tea Life, ティーバッグ (Tea bag)
Pocket
LINEで送る

  • 茶葉から入れるお茶は、自分好みに調節できます。
  • 味わいたい美味しさに、仕上げることができます。
  • ティーバッグも、その時々で使い分けてみよう。

 

茶葉でお茶を淹れるときは、たいてい茶器のセットが整っています。

自宅でティーポットで淹れるとき。急須で淹れるとき。お湯の沸騰加減が、選べるとき。茶葉も自分で選べるとき。

茶器とお湯がそろっている環境では、たいていの茶葉は美味しく抽出できます。自分の好みに合わせて、仕上げることもできます。

ティーバッグは、どんなときに扱うのでしょう。

ティーバッグは、自宅でも美味しい。

茶葉が美味しくて、ティーバッグは美味しくない?!

必ずしも、そんなことはありません。

  • ティーバッグも、美味しい淹れ方があります。
  • 水だしのときは、ティーバッグの方が作りやすいです。
  • 茶葉よりも、サッと仕上げることができます。

特に自宅なら、色々な茶器などのアイテムもあります。

例えば、ソーサーやお皿は、ティーバッグを抽出するときに使うと、美味しく仕上がります。カップのフタ代わりになれば、何でも使いまわせます。

また寒いときは、マグカップがあれば、サッとアツアツのお茶が作れます。急須もカップも温めなくてすみます。カップさえ温めておくだけで、アツアツに仕上がります。

時と場合によっては、ティーバッグの方が便利なときはあるのです。

 

 

大人数分でも、淹れられる。

またティーバッグは、たくさんの量を作るときも活躍します。

  • たくさん淹れるときは、大きなティーポットを使います。
  • 茶葉の分量が、1袋ずつ正確です。
  • お湯の量とのバランスがとりやすいでしょう。

ティーバッグは、だいたい一人分のグラム数の茶葉が、1パックに詰まっております。茶葉によって、そのグラム数は変わることもあります。

1個のティーバッグで一人分淹れて、美味しく仕上がる分量の茶葉が、あらかじめ詰められております。

たくさんの量を作るときは、目分量ではなくキッチリ分量をはかることができ、失敗しにくくなるでしょう。

大きめのティーポットさえあれば、上手に作れます。

 

 

美味しさ重視なら、その場に合ったティーバッグを!

ティーバッグの種類は、その場の環境に合わせてみよう。

  • お湯は電気ケトルやポットで沸かすことができる。
  • ティーバッグは、何種類か選べる。
  • マグカップもある。
  • ティーポットや急須はない。
  • お皿もない。

でも、お茶が飲みたい。

そんな時は、飲みたいお茶ではなく、その環境で上手く淹れられるお茶の種類を選ぶと、納得のいくお茶がいただけるでしょう。

たいていのお茶の種類は、美味しくいただけます。

ただ、いわゆる「低温のお湯で淹れる」種類のお茶は、アツアツのお湯で抽出することを念頭におくとうまくいくと思います。あとは、どんな茶葉が入っているかどうかです。

いろいろ試してみると、どんな時にどんなお茶が相応しいのか、見えてくるでしょう。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

同じ緑茶でも、種類によっては「湯呑」「急須」「茶筒」を変える理由。
お茶は「自分でおいしさを引き出せる」というメリットがある。
お茶好きは、旅行中でも「煎茶」探し?!
同じ煎茶でも、好みが分かれる。
お茶をよく飲む人の、茶葉の扱い方。

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。