茶器の温め方にも、コツがある!?

Tea, お茶好きのつぶやき, 茶器のお手入れ, Tea Life, Teaware
Facebook にシェア
Pocket

  • 茶器を温めてから、お茶を淹れるという。
  • 確かに、美味しさや風味が変わることがある。
  • 全体が馴染むようにするとよさそうだ。

 

よく、美味しいお茶や紅茶を淹れるときは、「茶器を温めよう」といいます。

確かに、温めてら抽出するのは、基本かもしれません。

「温め方」ひとつで、美味しいお茶が味気なくなったりしては、もったいない。逆に、高級ではなくても、温め方しだいで、いつもより美味しく仕上がるものです。

そのくらい、茶器を温めることは、大切だと思います。

茶器を温めると、味わいに影響する?!

急須でも、ティーポットでも、ティーバッグでも、お茶を淹れるときは、まずは茶器を温めると、より美味しく仕上がるでしょう。

  • カップを温めてから、再度お湯を入れてティーバッグを蒸らします。
  • ティーポットとティーカップを温めてから、抽出します。
  • 煎茶の場合は、湯呑にお湯を入れて冷まします。
  • 冷ましたお湯で、抽出します。
  • 急須も事前に温めておくといいでしょう。

これだけでも、いつものお茶美味しく仕上がることでしょう。

ちょっとしたことなのですが、準備の段階で、茶器が温まっているのが理想です。せっかくお湯の温度を設定しても、茶器が冷えていたら、マナス10度下がるといわれております。

せっかく美味しい淹れ方を知っているのに、もったいないことです。

 

馴染むまで、温めよう。

しかし、ただお湯をくぐらせて温めるだけでは、効果はありません。

馴染むまで、温めるといいでしょう。もしくは、お茶の種類に合わせてお湯の温度が変わります。その温度に近い温度まで温めておくと、抽出しやすいでしょう。

  • カップもティーポットも、お湯を捨てても直ぐに冷めない程度が目安です。
  • ティーポットや急須は、「注ぎ口」と「フタ」までアツアツにしておくと、温まった証拠です。
  • 茶器に入れたお湯が冷めないうちに、お湯は捨てるといいでしょう。

ティーポットや急須は、お湯を捨てる際に、お茶を注ぐようにすると、注ぎ口まで温まります。フタは、フタの取っ手まで温かくなっていると完璧です。

また、冬などはカップウォーマーを活用する手もあります。

 

 

茶葉によっては、軽く温める場合もある?!

慣れてきたら、茶葉に合わせて温め方を変えると、好み通りの味わいに抽出することができます。

  • 紅茶の場合は、あえてカップを温めない手もあります。
  • 沸騰したての紅茶は、直ぐに飲むとアツアツです。
  • 苦手な方は、カップを温めずに注ぐと、ちょうどいい温かさになります。

ダージリンの春摘みは、90度くらいで抽出すると美味しくなる茶葉もあります。そんな時は、ティーポットは軽く温める程度で、95℃くらいのお湯を入れるという手も使えます。

あとは、お持ちの茶器の特徴に合わせて、ちょうどいい感じを自分なりにつかむといいでしょう。

日本茶も、玄米茶やほうじ茶などを飲む際は、急須と湯呑を温めておくと、いつもより美味しく仕上がるでしょう。特に冬の時期は、確実に茶器を温めておくと、温かさが長持ちします。

ちょっとしたことで、美味しいお茶と出会えるわけです。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

同じ緑茶でも、種類によっては「湯呑」「急須」「茶筒」を変える理由。
お茶は「自分でおいしさを引き出せる」というメリットがある。
お茶好きは、旅行中でも「煎茶」探し?!
同じ煎茶でも、好みが分かれる。
お茶をよく飲む人の、茶葉の扱い方。

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。