お茶好きは、集中的に1つのお茶にハマって、じっくり味わう?!

Tea, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, Tea Life
Facebook にシェア
Pocket

  • お茶好きは、色々なお茶を飲むのでしょうか?
  • トータルでは、色々と飲むのでしょう。
  • だからといって、何でもいいわけではありません。

 

お茶好きは、圧倒的に茶を飲む回数が、多いでしょう。

お茶が好きなので、毎日のように飲みたいでしょう。生活の一部になっていることもあるでしょう。

だからといって、数をこなしているわけでもありません。

実際は、「1杯1杯が貴重な存在」として、いつも目の前にあるのです。今、目の前にある1杯とじっくり向き合ってこその、1杯なのです。

結果的に、数をこなしているような量になるだけです。

1杯とじっくり向き合った回数が、多いのです。

あれもこれもは、比較している状態。

最初は、あれもこれもそれも、全て飲みたくなるのです。

  • これは、こういう味わいだった。
  • こっちは、フルーティーだった。
  • こっちは、香りが着いていた。

こっちのお茶と、あっちのお茶との比較で、考えています。今、目の前にあるお茶が、何種類もある状態です。

目の前で「比較」することで、1つ1つのお茶の特徴を見極めます。逆に比較対象がないと、よくわからないお茶になります。

いつも目の前に、たくさんのお茶がある場合は、まだ、そこまでお茶好きではないかもしれません。

ただ、目の前にたくさんあること自体楽しいので、大いに楽しむことを優先するといい時期だと思います。

 

 

じっくり向き合うと、いろんな角度から見れる。

同じジャンルのお茶に限定できるようになったら、少しお茶にハマってきた証拠です。

同じ茶葉でも、印象が違います。

  • 開封したて。
  • 寒い日、暑い日。
  • 食後、食前。
  • お茶のお供の有無。
  • 淹れ方の違い。
  • 同じ茶園で作った、違う種類の茶葉 など。

ちょっと環境などが違うだけで、「えっ、こんな一面ももっていたんだぁ~」ということに気付けます。

同じジャンル、しかもジャンルの幅が狭いお茶ほど、自分の感覚でお茶を味わうことになります。ちょっと飲んだだけでは、比較ができません。

味わいの差が、分かりにくいのです。

 

 

お茶好きは、「たった1つ」に集中できる。

本当にお茶好きになると、常に目の前にあるお茶は、1杯のお茶です。

1種類のお茶ではなく、「1杯」のお茶です。

  • とにかく、目の前にあるお茶を味わい尽くします。
  • 味そのもの。
  • 自分の感覚で。

もし、他のお茶と比較をする場合は、「先日飲んだ、あのお茶」、「去年、同じ時期に飲んだお茶」、「あの場所で飲んだお茶」など、既に飲んだお茶との比較です。

記憶力の問題のようにみえます。しかし、目の前の1杯を常にじっくり味わうことで、感覚的にインプットされます。

そのインプットされている量が、半端なく多いのです。

お茶好きほど、じっくりお茶と向き合っている。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

同じ緑茶でも、種類によっては「湯呑」「急須」「茶筒」を変える理由。
お茶は「自分でおいしさを引き出せる」というメリットがある。
「煎茶」好きなのに、「コーヒー」は飲んでも「紅茶」は飲まない?!
同じ煎茶でも、好みが分かれる。
茶葉の保管方法のコツをつかむと、お茶が美味しく入れられるようになる!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。