「できない」と言うには100年早い。まだ何もやっていないではないか?!

実現に向けて!, 気づき、感じたこと, 自己実現
Facebook にシェア
Pocket

  • 自分にはできない。
  • いやいや、自分で「できない」と決めつけているだけだ。
  • まだ何もにやっていないのに・・・

 

こんなにやっているのに、自分には難しいようだ?! まだ、できないようだ?!

「できない」と思っているのは、実は自分だけなのだ。

できている人や、次々に達成している人から見ると、「まだ何もやっていないじゃないか。できないとは、100年早い!」という。

えっ?!こんなにやっているのに???

はい。できるためのコトをやっていないという。量も質も。

「できない」と決めつけない。

「できないできない。自分にはできない。」

そう思うときは、自分で決めつけていることが多い。「できない」という気持ちが土台にあると、何をやっても身につかない。

そして、こうも言う。

「あれも、これも、こんなにやったのに・・・できない」

本当にやってみたのだろうか?と、自分を疑ってみよう。できるに値することを、本当にやってみたのだろうか?

また、あるときはこう言う。

「あの人と同じくらいやったけれど、自分にはできなかった」

本当にそうだろうか?

これ全部、自分で「できない」と決めつけるための言い訳に過ぎないのだ。

 

 

「できる」には、どこまでどうやる?

できる人からみると、「できない」ということは、単なる言い訳にしか聞こえない。

ストイックに思われるかもしれないが、実際にやってみようと思って始めたのは、自分自身だ。でも、「できない」と言うことは、どういうことなのだろう?

本当にやりたいこと、できるようになりたいことなら、できるようにするにはどうしようか、夢中で考えたりもするものだ。

失敗しても、諦めずにやってみようと思うだろう。ときには、助言をいただくこともあるだろう。

でも、全部「できる」ために動いていること。

確かに、自分にはどうすることもできないことはある。それは、自分がコントロールできないことだ。例えば明日の天気など。

「できる」ようになるために、貪欲になってみよう。

 

 

できるまでやる!という覚悟をもとう。

貪欲になるには、「できるまでやる!」と腹をくくることだ。

「そうなりたい!」と思っている時点で、そうなるまで辞めない覚悟をもてばいい。

できるまでやるとなれば、どうやったらできるかを、とことん考えるだろう。とことんやってみるだろう。必死にやってみるだろう。

  • 「できない」と思いながらやってみる。
  • 「できるまでやる!」と思いながらやってみる。

同じことをやってみても、どんな意気込みでやるのかによって、結果が全く異なるだろう。

「できない!」という前に、やるべきことを見つけ出そう。

がむしゃらになる時期も、必要だ。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

「空っぽ」になると、自分の本音が見えてくる。
ブレない芯をもち続けよう。
気持ちを立て直すと、うまくいく。いい運気が流れ込む。
自分の夢を語った時に「将来が楽しみ!」と心から思える環境を、見つけよう。
本気で「叶えたい」と思い続けるから、アイデアが生まれ行動に移せる。

********************

【ブログ著者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。