煎茶は、4煎目までおいしくいただける!

Tea, お茶好きのつぶやき, Tea Life, 緑茶
Facebook にシェア
Pocket

  • 煎茶は、頑張っても3煎目まで?!
  • 1煎2煎は、普通においしい。
  • 4煎目ともなると、微妙なラインだ。

 

最近、4煎目まで煎茶を抽出する機会が、増えました。

しかし、同じ茶葉でも4煎目になると、「おいしい」「おいしくない」が、きっぱり分かれることに気が付きました。

たしかに、「うわぁ~、これはまずい!」と思う4煎目もあります。しかし、「意外と4煎目もおいしい!5煎目もいけそう?!」と思う時もあります。

そう。同じ茶葉なのに、こんなに味わいが違うんです。

4煎目の味は、最初の1煎目でキマる!

やはり、煎茶は最初が肝心のようです。

  • 最初の1煎目は、その後の味わいがかかっています。
  • お湯の温度、蒸らし時間などが、大切です。
  • もっと言うと、茶葉の量、急須の温かさなども重要です。

4煎目のおいしさは、1煎目にすべて凝縮されております。

2煎目、3煎目にも影響がある、1煎目。最初の抽出は、丁寧におこなったほうが、いいということです。

蒸らし時間が少なすぎても、あれ?!という味わいになってしまいます。ちょうどいいバランスで淹れるのが、ポイントです。

 

 

2,3煎目は、知っていれば大差ない。

1煎目をクリアしたら、あとはサッと抽出するだけです。ただし、2煎目3煎目の入れ方を知っていればの話です。

  • 2煎目も、1煎目のように丁寧に淹れよう。
  • じっくり蒸らそう。

これでは、2煎目がもったいないのです。

2煎目以降は、ある意味、丁寧にいれるというよりは、逆にあらっぽく淹れたほうが、おいしいのです。

このあらっぽく淹れることを知っていれば、そのまま4煎目に突入しても、おいしく抽出できることでしょう。

 

 

茶殻を見れば、美味しい4煎目に気づける。

  • 1煎目を丁寧に抽出した。
  • 2煎目は、熱めのお湯でサッとくぐらせた。
  • 3煎目も、ササッと抽出した。

4煎目までを意識して抽出した煎茶は、きっと4煎目もおいしいでしょう。しかし、稀に失敗した4煎目に出会うこともあります。

おいしい4煎目に出会うために、いただく前に茶殻をチェックするといいでしょう。

4煎目もおいしい茶殻は、へにゃ~っとしていません。よれすぎていないというか、3煎目終わりにしてはシャキッとしております。

何度も茶殻の観察をしていると、わかるようになるでしょう。

おいしい4煎目は、最初は狙って淹れてみるといいでしょう。狙わなくても、4煎目がおいしいということは、1~3煎目までが、本当においしい煎茶仕上がっている証拠です。

煎茶をおいしく淹れるには、4煎目を意識するといいのかもしれません。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

煎茶の「2煎目」を、おいしく飲む 3つのコツ。
煎茶には、落ち着かせてくれる効果がある!
「お湯」が変わると、お茶の味わいも変わる。
人に淹れていただいたお茶は、何故かおいしい!
煎茶の抽出は、まだまだ修行中?!
********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。