日本の紅茶の歴史を発見!

和紅茶・国産紅茶, Tea Life, 紅茶, お家で Cafeレビュー
Pocket
LINEで送る

【国産紅茶特集!!】

先日、国産紅茶が届きました。
今年は諦めていましたが、手に入って良かったです(^^)/

山片茶園紅茶2014-2

我が国日本の紅茶☆の特集です!

「国産紅茶特集!」

【1】日本の紅茶との出会い
【2】日本茶葉で紅茶???
【3】日本の紅茶の歴史を発見!(本日)
【4】日本の紅茶と緑茶などの違い 等


~購入したお茶のご紹介(6種)~

本日は【3】日本の紅茶の歴史を発見!です。

紅茶の歴史はインド・ヨーロッパでは?日本の紅茶の歴史!        

お茶の歴史概要1
通常、「紅茶の歴史」と聞けば、インドやヨーロッパの紅茶を思い浮かべる方が多いでしょう。
私の周りでは(紅茶などに詳しくない方々)、紅茶はイギリスでしょ~という方が多いです。

紅茶の生産量はインドが堂々第一位!

そして、インド付近のセイロンやネパールなども紅茶の生産地として知られております。
近年では、アフリカやインドネシアなどでも、紅茶の生産をしております。

ここでいう「紅茶」も、アッサム種・中国種から栽培された葉っぱを
生産し紅茶に仕上げております。

各国の「紅茶の歴史」は様々でしょう。
でも、我が国日本でも、いわゆる「紅茶生産の歴史」があったんです!

明治時代に?!日本の紅茶の歴史!

国産紅茶の歴史1

それは明治時代の頃。
実は政府支援の下、「生糸」と並ぶ有力輸出商品の1つだったそうです!

この事実を知った時は、驚きでいっぱいでした。
「え~~そうなの~~~?」(笑)

とにかく国家をあげて、「国際競争力をもった優良品質の紅茶」生産に取り組んでいたようです。

でも・・・

好評価の紅茶もあったようですが
不利な気候条件や知識技術などの不足、色々な条件で、断念したとのことです。

残念・・・

紅茶生産ゼロ日本の紅茶の歴史!

国産紅茶の歴史2

その後、1971年昭和46年に紅茶輸入の自由化により、
海外から「紅茶」が輸入されるようになりました。

それを境に、日本での紅茶生産量は「ゼロ」になっていったそうですよ。

日本で紅茶が生産され、輸出されていたら・・・
状況が全然違っていたでしょうね?

もしかしたら、緑茶の存在が薄れていたかもですね。
いわゆる紅茶で「外貨を稼ごう」としたわけですから。

でも、日本の文化でもある緑茶の存在が消えないで
良かったと、私は思います!(結果論ですが・・・)

1996年以降から・・・日本の紅茶の歴史!

国産紅茶の歴史3

そして、近年、嗜好の多様化、お茶ブームの中、
緩やかに「国産紅茶」の生産が再度始まったようです!

それは大体、今から20年ほど前1996年くらいからだそうです。
再挑戦ですね!

日本も色々と、試してきたんですね。

もし、明治時代に紅茶の生産に成功していたら、
逆に、今、日本の特徴的な緑茶やほうじ茶等の存在は薄れ、
緑茶などは、海外などに注目されなかったかもですね?

また、ペットボトルの日本茶の存在も無かったかもですね?
想像ですが(笑)

そして、20年ほど前から、また日本で紅茶つくりが始まり、
国産紅茶を広める活動をされてきた方々も沢山いらっしゃるようです!

凄いですね!

国産紅茶の歴史4

しかし・・・余談になりますが、
「その時々に何をするか!」「何を成し遂げるか!」で、
その後の歴史は全然違った方向へ進んでいくんですね?!

自分の人生もそんな感じがしました(笑)(^^ゞ

やっぱり、お茶は奥深いです

Pocket
LINEで送る

One thought on “日本の紅茶の歴史を発見!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。