紅茶を飲むティーカップとコーヒーカップは、何が違うの?

Tea, カップ&ソーサー, お茶好きのつぶやき, Tea Life, Teaware, 紅茶
Facebook にシェア
Pocket

  • ティーカップと言われれば、そうかもしれない。
  • でも、コーヒー用と言われても、そうかもしれない。
  • ティーカップとコーヒーカップには、違いがあるのだろうか?

 

ソーサー付きの、カップ。

取っ手もついたソーサー付きのカップは、紅茶やコーヒーを飲むときに使うことが多いでしょう。

ただ、見ただけでは分からないデザインのカップ&ソーサーもあります。コーヒーでも紅茶でも、どちらで飲んでもいい気がしますが、使い分けないといけないのでしょうか?

ちょっとした見分け方が、あるようです。

コーヒーカップは、温かさを保ちたい?!

入れたてのコーヒーは、温度が低めのようです。

確かに、ドリップコーヒーは時間をかけて入れます。その間に、お湯の温度も冷めてしまいそうです。また、入れるためのお湯そのものの温度も、低めだとか?

だから、コーヒーカップは、冷めにくいように厚めにできているのですね。

ほかにも、特徴があります。

  • まずは、カップは厚めにできている。
  • 筒形のカップ多いのは、香りをたたせるため。
  • カップの口が狭いのも、香りをたたせるためだとか。

あとは、取っ手が小さめなど、いろいろあります。

一番の特徴は、保温性のあるカップだということです。

 

 

熱々の紅茶は、早く冷めてほしい?!

一方、ティーカップ。

紅茶は、熱湯直後のお湯を使うことが多いです。熱湯を、ティーポットに入れて蒸らします。ティーポットで入れた紅茶は、カップに注ぐと熱い状態になります。

  • 飲みやすく冷ますために、カップの口が広めです。
  • カップの形は、高さのあるもの、低めのカップなどがあります。
  • ティーカップの取っ手は、コーヒーよりも大きめです。

淹れたての紅茶は、熱すぎて、ゴクゴクとは飲めないものです。少し冷ましてから飲むと、飲みやすくなります。

また、紅茶は紅茶の色合いも楽しむものです。

カップの口が狭いと、紅茶の色が確認できません。いろいろと考えられているようです。

 

 

見分けがつかないときは、カップの底を見よう。

コーヒーカップとティーカップの特徴が分かっても、どうしても見分けられなかったら、どうするか?!

「カップの内側の底を、見てみよう!」

  • 模様がある場合は、ティーカップ。
  • 模様がない場合は、コーヒーカップ。

コーヒーカップにもし模様があっても、濃い色合いのコーヒーを注いでしまったら、せっかくの模様が見えなくなります。

紅茶なら、紅茶の色合いを楽しむときに、カップの底の模様を見ることができます。色を楽しみ、模様も楽しめるティーカップというわけです。

どちらも、本格的に飲むなら、コーヒーカップやティーカップがおすすめです。

普段使いには、マグカップがおすすめです。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

お茶を飲むときは、ティーカップ?湯呑み?マグカップ?
使い始めのティーポットの使い方。早く慣れて、美味しいお茶を楽しもう!
茶渋のお手入れは定期的に落とした方がいい、3つの理由!
ティースプーンは、混ぜるだけで終わらせない!
たった一つのティーポットから始めよう!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。