日本茶の可能性。1年を通して同じ茶園で、数種類ものお茶を作っているのは、日本だけ?!

Tea, お茶好きのつぶやき, Tea Life, 紅茶, 緑茶
Facebook にシェア
Pocket

  • 「お茶離れ」というけれど、日本のお茶は可能性がある(と、私は思う)
  • 日本茶には、たくさんの種類がそろっている。
  • よくよく考えてみると、同じ茶園で多くの種類をそろえているのは、日本くらいなのではないだろうか?

 

考え方にもよりますが、「日本茶」といっても、たくさんの種類があります。

  • 煎茶、玉露、抹茶
  • ほうじ茶、番茶
  • 和紅茶 など。

このたくさんの種類のお茶は、同じ茶園さんが製造していることが多い。

世界中を振り返ってみよう。

1年のうちで、こんなにたくさんの種類のお茶を作っている茶園は、あるだろうか?ダージリンは紅茶が主流、台湾茶は半発酵茶が主流、セイロンもアッサムも紅茶が主流。

中国には、緑茶も紅茶も半発酵茶もあります。

ただ、日本の茶園さんは、同じ茶畑で、1番茶は新茶で、2番茶はほうじ茶で、3番茶は和紅茶で・・・など、1つの茶園で数種類も作っている。

このスタイルが、日本のお茶の特徴のような気がします。

今では、和紅茶も立派な日本茶。

数年前までは、日本茶といえば「紅茶」は日本のお茶にはなかった。あったとしても、ここまで普通に店頭に並ぶことはなかった。

「和紅茶」が当たり前になってきた現在は、日本にいながらいろいろなお茶が楽しめる時代です。

そして和紅茶は、ある特定の地域だけで作っているとか、そういうものではなく、茶園さんや環境次第で、いつでも和紅茶も作れるようです。

そうです。

日本全国の茶園さんで、緑茶から紅茶まで、いろいろなお茶を1年間で作ることができるのです。(半発酵茶は作っていないようですが。)

そんな風習?特徴があるのが、日本茶です。

また和紅茶は、年々レベルが上がってきていると思います。おいしい和紅茶の登場で、さらに種類が増えた日本茶は、これからも楽しみです。

 

 

日本にいながら、たくさんの種類のお茶が飲める。

今までは「紅茶」が飲みたいとなると、すべて輸入に頼っておりました。

確かに、「和紅茶」と「世界の紅茶」の味わいには、それぞれ特徴があります。まったく同じ味わいではありませんが、日本では、緑茶も紅茶も玄米茶などもいただけるというわけです。

こんな贅沢な環境は、ないと思います。

同じ葉っぱでも、緑茶なのか和紅茶に仕上げたのかで、味わいも気分も楽しさも変わります。いろいろな楽しみ方も増えたことになります。

和紅茶も、ストレートだけではなく、ミルクティー向きの茶葉も見かけるようになりました。

よくよく考えてみると、やっぱり日本茶はこれから様々な可能性があるような気がします。

 

 

伝統を引き継ぎながら、製造している。

面白いことに、(今のところ)日本の茶園さんは、各家庭ごとに茶園を受け継いできたとか。

小さいころから慣れ親しんだ茶園を、受け継いできたことになります。暮らしの中に、茶園があるような、そんな感覚なのではないのでしょうか。

例えば、ダージリン。

ダージリンは、インドの北側にあります。タルボのように、ネパールとの国境に面している茶園もあります。向こうの国境は、日本とは違い陸続きです。

実は、ダージリンで働いているのは、ネパールの人だったりするそうです。

それはそれで、国境を越えて生産しているダージリンは、世界中に受け入れられていて、素晴らしいと思います。

各家庭で受け継ぐ風習がある日本の茶畑は、伝統や思い、志なども受け継がれてきている気がします。

実は、和紅茶は100年前にもありました。だから和紅茶も含めて、日本茶は伝統あるお茶なのではないのでしょうか。

茶業に携わっている人達も含め、日本のお茶は、生粋(きっすい)の日本茶だと思います。

伝統あるいろいろな日本茶は、これからも可能性があると、私は思っております。

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

毎年、同じような味わいに仕上がる日本のお茶は、やっぱりスゴイ。
毎日の生活に密着しているから、「お茶」は楽しくてホッとするのかもしれない。
そもそも、紅茶の楽しみ方ってなんだろう?
世界中のお茶に囲まれた暮らしは、毎日が世界旅行?!(気分)
愛着がわくお茶を常備茶にすると、いい理由。

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。