アッサム地方とは?

アッサム, 紅茶
Facebook にシェア
Pocket

【アッサム 紅茶特集!!】

今年のアッサムが続々と、日本へ入ってきております。
夏に良質の茶葉が摘み取られます。

アッサムは、バラエティーに富んでいるので、
色々な楽しみ方があります☆

紅茶の歴史上、重要な「アッサム」。
今日はアッサム地方について考えてみます。
アッサム1

「アッサム特集!!」

~アッサムティーとは~
【1】アッサム 紅茶特集!!
【2】アッサム地方とは(本日)
【3】アッサムティーの特徴
【4】アッサム 茶葉の種類
【5】アッサムとダージリンの違い
【6】アッサム・ダージリン・セイロンの違い

~2014年 アッサム茶葉~
今年のクオリティーアッサム3種ご紹介 

~アッサムティー 入れ方~
ストレート、ミルク、水出し 他

※特集タイトルを全てご覧になりたい方は、
先日の記事に記載しております。

本日は、【2】アッサム地方とはです。

アッサム地方の地図アッサム地方とは…

アッサム1
インドはアッサム州。

なんとなく分かるけど、地図上では赤丸の地域付近です。
もう、インドの端っこですね。
ブータンやバングラディシュ、東に行くと中国が直ぐそこですね。

ダージリンもそうですが、インドの国境付近で作られる紅茶は、
高級な紅茶が多い気がします。

西に行くと、シッキム地方や、ネパールです。
実は、シッキムやネパールでも、
アッサム並みの、時にはアッサム以上の高級な紅茶が採れます。

数年前に、本当に美味しいネパールの紅茶を飲んで以来、
毎年、ネパールの紅茶も、こっそり狙っているのですが(笑)
その年の気候などによって、デキが違うようです。

この辺は、紅茶を栽培する場所としては、好条件のようです。

アッサム種アッサム地方とは…

セイロンティーの特徴5

アッサム紅茶は、その名の通り

アッサム種」という茶樹(ちゃじゅ)から栽培された紅茶です。

その昔は、この辺はジャングルだったそうです。

今では、茶畑や水田なども開拓されています。

アッサム種は、昔から、アッサム地方に自生していた品種だとか?

ヨーロッパ人が発見!!アッサム地方とは…

アッサム地方とは1
実は、このアッサム種は、
1800年代に、ヨーロッパ人(英国)によって発見されました。
(参照記事:お茶の歴史1

発見された当時は
「アッサム種は=紅茶」として認められていなかったようです。

ヨーロッパ人は、当時、紅茶として認められていた中国種を
わざわざインドに輸入して栽培したりもしていたようです。

アッサム種から~アッサム地方とは…

アッサム地方とは2

最終的には、アッサム種も=紅茶と認められ、
アッサム種に力を入れるようになったのが、
現代の紅茶の歴史の始まりです。

もし、アッサム地方で、アッサム種が発見されなかったら?
アッサム紅茶も、ダージリンも無かったかもしれませんね(笑)

明日は、そんなアッサムティーの特徴をご紹介します。

Facebook にシェア
Pocket

2 comments

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。