茶葉は、透明な瓶で保存しない方がいい理由

Tea, 美味しい紅茶, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, 茶葉の収納方法, Tea Life
Facebook にシェア
Pocket

茶葉は瓶で保存?

茶葉を自宅で保存するには、気をつかわなければ、最後まで楽しむことが難しいです。

開封したての茶葉が一番美味しくて、徐々に劣化し、最後の1杯は全く違うお茶になっていた?!なんてこと、以前はよくありました。

間違っている保存方法では、お茶は美味しく飲みきることはできません。勘違いなどから、意外と間違った方法で保存してしまうケースが、多いと思います。以前、冷蔵庫・冷凍庫での茶葉の保存はNGだとお伝えしました。
(参照:茶葉は、冷蔵庫や冷凍庫で保管しない方が望ましい理由。

今回は、なぜ透明な瓶で、茶葉を保存しない方がいいのか、ご紹介いたします。

茶葉は透明な瓶で収納しない3

茶葉の保存5原則

毎回、茶葉の保存をご紹介する際に、必ず茶葉の特性をお話ししております。

茶葉はの特徴は、5つあります。

  1. 「光・直射日光」・・・光に当たると劣化します。
  2. 「湿気」・・・湿気はカビの原因です。
  3. 「酸素」・・・空気に触れると酸化していきます。
  4. 「香り」・・・茶葉は香りを吸収してしまう特徴があります。
  5. 「温度」・・・一定の温度を保つと良いでしょう。

参照:茶葉の収納方法をチェック!してから、茶棚収納棚を探そう!

茶葉は透明な瓶で収納しない4

 

 

透明な瓶は、光が当たる!

透明な瓶やガラスの容器は、茶葉を入れると、とてもおしゃれな雰囲気になります。特に、ローズの花びらなどが見えると、おしゃれです。

しかし、先程お話しした茶葉の5つの特徴の中に、「光を避ける」とあります。

茶葉は、光に当たると風味が落ちて、劣化の原因になります。劣化を早めてしまうのです。なるべく、光を避けて茶葉を保存したいものです。

ところが、透明な瓶に茶葉を入れておくだけで、色々な方向から「光」が入ってきます。外側から茶葉が見えるということは、そのままダイレクトに、光を吸収してしまいます。

透明な瓶などの容器は、上下左右どこからも光を集めやすいのです。光を遮断できる容器に移し替えることを、おすすめします。

茶葉は透明な瓶で収納しない2

 

 

光を浴びた茶葉は、美味しくない!

以前、飲み比べしたことがあります。

  • 光を遮断し、密閉状態で保存していた茶葉
  • 透明なガラス瓶で保存しておいた茶葉

中身は、同じ紅茶でした。

紅茶はもともと完全に乾燥しているので、見た目は、どちらも同じ紅茶の茶葉です。見た目には、どちらが劣化しているかは、分かりません。どちらも同じ紅茶に見えます。

しかし、香り、そして抽出した時の紅茶の色、味わい全てが、まるで異なる紅茶のように感じるのです。

ずっと瓶の中で光を浴びてきた茶葉は、風味が損なわれ、紅茶としての品格も何もなくなっておりました。一方、光を遮断し、密閉状態で保存してきた紅茶は、美味しくいただけました。

茶葉は、保存ひとつで、味わいが変わってしまいます。飲みきるまで、美味しくいただきたいものです。

茶葉は透明な瓶で収納しない5

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

茶葉の賞味期限は「開封前」と「開封後」で異なる?!
お茶の収納は「1つの缶に1種類」が原則の理由!
茶葉は保管する入れ物次第で、品質も変わってくる。
茶葉を保存する缶は、この「内蓋付き」がおススメ!
茶葉は、冷蔵庫や冷凍庫で保管しない方が望ましい理由。

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket