「チャムラジ2014」インド ニルギリ紅茶

Tea Life, ニルギリ紅茶, お家で Cafeレビュー
Pocket
LINEで送る

「チャムラジ インド・ニルギリ」

CHAMRAJ FOP 2014

今年、摘み取ったチャムラジ、飲んでみました。

クオリティーシーズン(旬の時期)は数か月前の12~1月でしたが、

店頭に並んでいたのでGetしました!

南インドのニルギリ紅茶の中の1つ、チャムラジです。

4種類のニルギリがありましたが、このチャムラジはフルーティーな香りで、

私好みなので、チャムラジを選びました。

ご紹介致します。

チャムラジ外観

 

【CHAMRAJ】

CHAMURAJ=チャムラジ

南インド・西ガーツ山脈で栽培される紅茶の総称「ニルギリ」。

このニルギリにも様々な種類のお茶がありますが(ダルモナ、クレイグモア等)、

その中のひとつ、チャムラジです。

 

実は、ニルギリ=インド第3の紅茶として知られています。

ちなみに、インド第1:ダージリン、インド第2:アッサムです。

そして、ニルギリの茶葉の形状は、大体、細かいタイプや

CTC加工(茶葉をカットして丸めたタイプ)ですが、

チャムラジはフルリーフタイプ(茶葉を細かくカットしていないタイプ)です。

香りも華やかで、フレッシュな香りです。

私自身、フレッシュな紅茶が好みのようです(^-^;

FOP1

【FOP 2014】

またこの表記。

FOP=フラワリー・オレンジペコー:枝先の貴重な新芽。

このブログの「Beautiful Tea Life」のバックの葉っぱの写真でいう

真ん中の葉っぱが「FOP」です。

色々な葉っぱのタイプがありますね。

全て「FOP」のようにグレードが表記されているので、分かりやすいと言えば分かりやすいですね。

茶樹は、主にアッサム種が中心ですが、

クローナル種のニルギリもあるようですよ。

 

【水色(すいしょく)】

水色(すいしょく)はこんな感じでした。

2014チャムラジ2

結構しっかり色が出ています。

水色は力強い濃い色ですが、トロンとした優しい味わいでした。

濃く抽出したらミルクティーにも合いそうです。

 

【茶殻】

2014チャムラジ3

茶殻は、どっしりとした香りでした。

ミルクティーに合いそうな香りがしました。

次回は、このチャムラジでミルクティーを作ってみようと思います。

 

 

南インド・ニルギリのチャムラジ。

くせもなく、ストレートでも、ミルクティーでも美味しく頂くことができます。

是非、お試しを!!

Pocket
LINEで送る

One thought on “「チャムラジ2014」インド ニルギリ紅茶

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。