一喜一憂しない強さ!!自分の感情に振り回されることなく、淡々とやり抜く時間も必要。

実現に向けて!, 継続・工夫・続ける!, 次のステップへ!, 自己実現
Facebook にシェア
Pocket

一喜一憂しない強さ!

  • 人間だから、感情はあって当たり前!
  • 感情が豊かなほうが、楽しい!
  • でも、時として感情に振りまわされないことも大切だと思う!

 

嬉しい時は嬉しい!!悲しい時は悲しい!!これは、ごく当たり前の感情。人として、感情表現は豊かなほうが、人生の楽しさもUPすると思う。大いに喜んで、大いに悲しんだりするべきだ!

一喜一憂しない強さ7

でも、時として、この感情に振りまわされないことも大事!

  • 何かを目指して積み上げている途中の結果 だったり
  • 結果だけに、こだわっている時の感情 だったり
  • 周囲の反応だけをうかがった結果の感情 だったり

一喜一憂しない強さも、兼ね備えている方が、物事は上手くいったりするものです。また、本当の意味での目標にも近づけると思います。

見えない部分も見えてくると、一喜一憂しない!

一喜一憂してしまう時は、「見えていること」しか見えていない時。

分かりやすいのが、積み上げてきた「結果」とか、周囲の「反応」などです。これは、誰が見ても、客観的に分かることです。

結果は数字で表現されますし、反応は意見として聞くことができます。数字も意見も、誰が見ても聞いても、分かりやすいですし、一見ブレてはいないものです。

例えば、分かりやすいのが数字です。

  • Aさんは、テストで95点でした。
  • Bさんは、93点でした。

どちらが凄いのか?勝っているのか?の判断は、数字を見れば簡単に分かります。95点のAさんは、凄いねとなります。

でも実は、数字の裏側にこんな思いや、経緯があったらどう判断しますか?

  • Aさんは、目標100点のところ95点でした。
  • Bさんは、いつも60点だったけれど、努力して93点でした。

一喜一憂しない強さ5

 

 

数字の裏側を読みとることで、一喜一憂しなくなる!

自分のこととなると、一喜一憂してしまいがち。

 「今月の目標は、到達できなかった。」という思いは、自分で掲げた数字に対して、自分が思っていること。落胆しているとしたら、数字だけ見ているから。

でも、「これは、通過点でしかない!」ということに気づけば、今月を反省し、来月に向かって改善などもしながら、前進できます!半年後、1年後を目指して邁進できます。

数字だけ見て一喜一憂していたら、続かないでしょう!

「何であの人だけ!?いつも・・・」

こういった感情も、見えていることだけで判断していること。もしかしたら、ずっと前から取り組んできたことが、今、結果となって表現されているのかもしれません。

でも、もしかしたら、あのひとは今、成長に伸び悩んでる時期なのかもしれません。

見える部分だけで、人と比較しても意味がないということです!

一喜一憂しない強さ2

 

 

一喜一憂しないということは、周囲の軸に振りまわされないこと!

数字だけ、周囲の反応だけの世界で生きていると、振りまわされる!

面白いことに、数字や周囲の反応だけに頼っていると、自分軸がなくなり、振りまわされっぱなしになります!!コレは危険です!

  • 結果や周囲に振りまわされる!
  • 悩んでいる時間にも、振りまわされる!
  • 最終的に、自分自身の感情に振りまわされるんです!!

自分に負けては、元も子もありません。見えることだけを鵜のみにしていると、最終的には自分軸がなくなります。周囲の軸だけに囚われないことです。

振りまわされない為には、見えない部分を読みとったり、想像したりする力も、必要だと思います。

例えば、成功している人の真似だけしても成功しません。(最初は真似ることも大事ですが。)本当の意味で成功している方の裏側にある何か、在り方のようなものも学ばないと、近づけません。

確かに、最終的には数字などで、シビアに判断されてしまうこともあります。でも、それで終わりではありません!次、更に次、がありますよ☆

一喜一憂しない強さ4

自分のペースを崩さずに、淡々とやり抜こう!!

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

壁にぶつかってからが勝負!
結果が出ない時の過ごし方!
悔しさをバネに!!
自分の時間が増えると、自分の頭で考えられる!
何度も読み返す本があると、自分の成長に気づける!
好きな事だからやっている!

********************

【ブログ著者情報】

ティーライフ研究家 服部孝江
・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。