お茶をたくさんストックしておくには?!収納できてこそ、お茶が楽しめる!!

美味しい紅茶, お茶好きのつぶやき, 茶葉の収納方法, Tea Life
Pocket
LINEで送る

お茶のストック!

  • あっ、こんな所にお茶が残っていた!
  • 開封したけれど、飲みきれるかなぁ~?
  • しまったぁ!開封するタイミングを間違えた~!

たくさんのお茶をストック5

色々なお茶を楽しんでいるかたほど、こんな経験をたくさんしていると思います。

当たり前ですが、お茶には賞味期限があります。美味しくいただける期限です。そして、お茶の賞味期限は「開封前」と「開封後」で変わります。
(参照:茶葉の賞味期限は「開封前」と「開封後」で異なる?!

たくさんのお茶を楽しむには、賞味期限も気にしながら、お茶の品質も落ちないように気にしながら、開封し収納し保管しておくことも大事です!とっても大事だと私は思います☆

どうせ楽しむなら、美味しいお茶がいいですよね!

お茶を上手にストックする為の、心構え?!

たくさんのお茶を一度にストックしていると、色んなところに気を使いすぎて、お茶の存在を忘れることもある。本末転倒!

何がそんなに、気になるのか?

  • 賞味期限
  • お茶の品質(収納方法は大丈夫か?)
  • お茶の飲み頃(旬)
  • ストックしているお茶の数・種類(開封前?開封後?)
  • 飲みきり加減(いつ飲みきれるのか?)
  • 旬、品質などを踏まえて、いつ開封したら良いのか?(開封のタイミング)

などなど。

上記のことが全てバランスよく進んで、初めて美味しいお茶が楽しめます。初めて、美味しい入れ方が役に立ちます。

1種類のお茶を、短期間だけ集中的に飲むなら、一点に集中するだけ。でも、複数のお茶をストックしていると、そうはいきません。でも、お茶は楽しみたい!

こんな欲張りなかたは、バランス良くお茶を管理することが大切になります!

たくさんのお茶をストック4

 

 

色々な状態の茶葉をストックしてみては?

今年は、お茶をいただく機会が多いんです!

お茶がたくさん集まると、楽しい。でも、パッケージもバラバラ。大きさもバラバラ。お茶の状態(ティーバッグ?茶葉20g?100g?)もバラバラ。お茶の種類もバラバラ。ブレンド茶葉も、旬の茶葉も混ざっています。

でもそのお陰で、ちょっと気づいたことがあります!

【例1】

  • 例えば、「100gの茶葉を × 5種類」そろったしたとします。

確かに、同じ100gなので、大きさ(かさ)や、見た目も一緒だから整理しやすい。しかも、同じように扱えば良い感じがします。でも、5袋一気に開封すると、後半で賞味期限が気になるんです。

【例2】

  • 例えば、「100g × 2種類」
  • 「ティーバッグ10個入り × 1種類」
  • 「ティーバッグ個包装 × 10袋」
  • 「6g入りの小分け袋が5パック × 1種類」 計5種類お茶がそろったとします。

これだと一見、整とんしにくいです。でも、「個包装」のティーバッグや茶葉があるだけで、開封の賞味期限を気にしなくて済みます!

100gの2種類だけ、気にする感じになります。 あとは個包装なので、開封の賞味期限だけ気にしていれば、1年間は大丈夫です☆

たくさんのお茶をストック3

 

 

ひと目で分かる、お茶のストックを目指したい!!

目指すは、パッと見て、いつでもお茶のストック状況が分かるようにしたい!!

店舗や広い場所があれば、それなりのスペースを確保して、茶葉の収納にも力を入れやすいですよね。でも、私が感じるのは、自宅に居ながら、普段の生活をしながら、収納力を高めたいということです。

まぁ~、贅沢な思いです。

でも、自宅で美味しいお茶を飲むには、収納力がないと難しい。最初の1,2回は、開けたての茶葉の状態の味わいが、楽しめる。でも、収納力がないと、時間が経つほど、美味しく感じないんです。

もしくは、1種類だけ開けて飲み切ったら、次の茶葉を開封するしかないですよね。

お茶に囲まれて楽しいライフスタイルを目指すには、まだまだ試行錯誤が必要と感じている、今日この頃です。

たくさんのお茶をストック6

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

茶葉の賞味期限は「開封前」と「開封後」で異なる?
茶葉の収納は「1つの缶に1種類」が原則の理由!
美味しい紅茶の入れ方と茶葉がそろえば、本当に美味しい?
茶葉を保存する缶は、この「内蓋付き」がおススメ!
お茶・ティーバッグの収納方法

********************

【ブログ著者情報】

ティーライフ研究家 服部孝江
・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。