茶器の茶渋もスッキリ!!綺麗な茶器でお茶を飲んだ方が、より楽しい!!

美味しい紅茶, 茶道具その他, Tea Life, Teaware
Facebook にシェア
Pocket

茶渋の取り方!

  • 茶渋は、何で落としていますか?
  • 落とした後、何か洗剤の臭いが気になりませんか?
  • そんな方は、漂白剤の種類を確認してみましょう!

 

茶渋って、気になると、少しの茶渋でも気になっちゃうもの!綺麗な白い茶器ほど、直ぐに、うっすらと茶渋がついてしまいます。この茶渋、結構気になってしまいます。

普段も気になりますが、私は毎朝、本日の1杯でお茶の写真をブログにあげます。茶渋が残っていると、みっともなく思います。

茶渋の取り方3

私は、茶渋は2段階で落としております。

  1. 普段のお手入れ
  2. それでもついてしまった茶渋を、漂白剤で落とす

漂白をすると確かに綺麗に落ちる!でも、落とした後に直ぐに使おとしても、変な臭いがつきまとい、お茶を楽しむところではなくなります。

そんな経験、ありませんか?

実は、漂白剤の種類によっては、漂白した後でも、臭いを気にせずにお茶を楽しむことができるんですよ~☆

茶渋は、普段は激落ちくんで落とす!

普段は、激落ちくんのスポンジで、茶器を洗います。
えっ?!洗剤は使わないの?よほどでなければ、ティーポットもティーカップなども、洗剤を使わずに激落ちくんで洗います。

ただし、ティーポットの中でミルク出しをした後や、香りの強い茶葉を使った時などは、普通の食器と同じように、洗剤で洗っております。

うっすらついた茶渋を落とすには最適☆
でも、激落ちくんは、こびりついた茶渋は落ちません。だから、普段から茶器を洗う時は、茶渋を気にしながら洗うようにすると良いでしょう!

その普段のうっすら茶渋は、激落ちくんがちょうど良い感じなんですよ!

 

 

しつこい茶渋は、酸素系漂白剤で落とす!

   

普段のお手入れで落ちない茶渋は、漂白剤で!!
毎日ちゃんと洗っていても、落ちない茶渋もあります。そんな時は、漂白剤で落とすと良いでしょう!漂白剤は、スッキリ綺麗に落ちるので、気持ちがいいですよね!

漂白剤には2種類ある!

  • 酸素系漂白剤
  • 塩素系漂白剤

茶渋をとって、また直ぐに茶器を使うなら、「酸素系漂白剤」がおすすめです!「酸素系」と「塩素系」の大きな違いは、変な臭いがするかしないかです。

酸素系漂白剤は、臭いがありません!
食器などを漂白して綺麗になったのに「え???何、この臭いは?」と感じるのは、塩素系漂白剤を使っているからなんです。

私も以前は、汚れに強い塩素系漂白剤で、茶器を漂白していました。でも、漂白後に何度も何度も洗ってからでないと、使えなかった。ひどい時は、一度、古い茶葉でお茶を蒸らして、変な臭いを茶葉に吸い取ってもらってから、使ったりもしていました。

でも、酸素系漂白剤なら、二度手間にもならず、直ぐにお茶を楽しむことができますよ!

 

 

茶渋の他にも、色々使える漂白剤!

茶渋の取り方4

 酸素系漂白剤は、他にも使える!!
酸素系漂白剤は、茶器や食器だけではなく、他の活用法もございます!

  • 鍋の焦げをとる
  • 洗濯機内の汚れもとってくれる
  • お風呂の浴槽や、カビ取りにも!
  • 排水溝のお手入れに!
  • 衣類などにも使えます
  • 冷蔵庫の掃除などなど・・・

注意点もございます。

  • 金属はNG!
  • 染物にも注意!

茶器なの茶渋取りには、ピッタリ!!
茶器なら、ティーポット、カップ、アイスティー用の容器、茶こし、などなどに使えます☆茶器の茶渋の取り方に迷ったら、一度、「激落ちくん」と「酸素系漂白剤」お試し下さい☆

ぜひ、キレイな茶器を使って、お茶を楽しみましょう!!

茶渋の取り方2

********************

【酸素系漂白剤 情報】

酸素系漂白剤

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤

やさしい 洗濯用 酸素系漂白剤 750g

【激落ちくん 情報】
レック 激落ち ポイポイ ( メラミンスポンジ )

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

マギッソ ティーカップがユニーク!!
茶葉の収納は「1つの缶に1種類」が原則の理由!
ティーバッグで美味しいお茶を簡単に入れるなら!!
中国・台湾茶を楽しむなら、こんな茶器!
ティースプーンは、混ぜるだけで終わらせない!

********************

【ブログ著者情報】

ティーライフ研究家 服部孝江
・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。