今年は水不足!!無駄使いはしていないかと、水の使い方を見直してみた!

教訓・心得
Facebook にシェア
Pocket

節水を心がける!

今年は、利根川水系のダムが水不足!
水道水って、当たり前のように使っているけど、やっぱり自然の恵みの「水」だったわけですね!水不足になってから、改めてそんなことに気づく。今年は利根川水系のダムが水不足!

梅雨の時期から始まったわけではなく、雪不足から始まっていたという。確かに、雪は溶けて水になる。

10%の取水制限が始まった。
えっ?!生活に影響があるの? どうやら、30%の取水制限になると、私たちの生活にも直接影響が出てしまうようですよ。そして、今年の梅雨は、雨が降らない・・・

自分でできることをしてみよう!
先日、お茶を抽出する為にお湯を沸かした。その時に、やかんの中に残って使わないお湯がある。「あれ?この残ったお湯って、私、どうしていたんだろう???」

そんなちょっとした疑問から始まり、自分の水の使い方を見直してみようと思った。

節水を心がけよう5

まずは、どんなシーンで使っているかをチェック!

まずは自分が普段、水道水を使う時に、どんな風に使っているのか客観的に観察してみました。

蛇口をひねるシーンは、こんな感じです。

  • お湯を沸かす時
  • 料理で使う。食器を洗う時。
  • 歯を磨く時
  • お風呂に入る時。シャワーを浴びる時。
  • 洗濯をする時

など、生活のために使う水は、こんな感じでしょう。

節水を心がけよう1

 

 

無駄だなぁ~!節水できるかな~、と感じる場面をチェックした!

私が感じたことをまとめました

  • お湯を沸かす→→→必ずと言っていいほど、お湯が残る。直ぐに使わなければ、捨てている!
  • 食器を洗う→→→スポンジで食器を洗っている時は、水はらないでしょう!
  • 歯を磨く→→→歯を磨き始めて、途中で「あっ!」と思い、流しっぱなしの水を止めている!
  • シャワーを浴びる→→→この場面はお湯を出しっぱなしにする必要はないでしょう!

ざっと気になった使い方をあげてみました。

節水をしてみよう!という意識で、自分の水の使い方を見てみると、結構、無駄使いをしていることが分かってきました!

節水を心がけよう3

 

 

実際に、節水を心がけて使ってみた!

上記の無駄使いを、どう解決するか?

  • お湯を沸かす・・・使う分だけ沸かす。計量するのも手です。また、余った水は、食器洗いに使ってもいい。
  • 食器を洗う・・・不要な時は、水は出さない!
  • 歯を磨く・・・磨く前に、一度、蛇口を閉める!
  • シャワー・・・不要な時は、水を出しっぱなしにしない!

 

蛇口を「開けたり、閉めたり」を、こまめにすることがポイント!
「節水」を心がけてみると、ちょくちょく蛇口の開け閉めを繰り返すことになります。水道水は電気とは違い、流れている時だけ「水を使っている」ことになります。電機は、ON-OFFを繰り返すことで、逆に電力をたくさん使ってしまうことになる。

だったら、こまめに蛇口をひねって、必要な分だけ使えばいい!

節水を心がけよう2

でも、一番感じたことは、
これって節水だからやるのではなく、普段からできることばかり!!
ということです。

今後は普段から、気を付けようと思いました。また、一人一人がちょっとだけでも、節水を心がけることで、最悪の事態には陥らないのかもしれませんね。

自分にできることから、始めてみようと思います!

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

お茶を入れる沸騰のタイミングは?
紅茶のお湯と茶葉の量
紅茶と沸騰の実験
いつもの作業に慣れると、思考も作業もダラダラしがち。

********************

【ブログ著者情報】

ティーライフ研究家 服部孝江
・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。