美味しい紅茶の入れ方と茶葉がそろえば、本当に美味しい?

美味しい紅茶, Tea Life, 茶葉の収納・茶棚
Pocket
LINEで送る

美味しい紅茶の入れ方&茶葉だけでOK?

美味しい紅茶が飲みたい!
美味しい紅茶は沢山あります!その中でも「自分好みの紅茶を、美味しく抽出した紅茶」は本当に美味しい!先日も「美味しい紅茶とは?」で、ご紹介しました。

まとめると、こういうことです。

  • 美味しい紅茶の「入れ方」を知っている。
  • 美味しい紅茶の「茶葉」を知っている。
  • 自分好みの「入れ方」と「茶葉の種類」が分かる

これが揃えば、本当に美味しい紅茶が楽しめちゃいます。

 

あれ?冒頭から、もう結論が出ましたね?!
いえいえ、話しはここからです!

では、美味しい「入れ方」と「茶葉」を維持できますか?
えっ?!どういうこと?

では、お話しします。

美味しい紅茶の「入れ方」と「茶葉」を維持する!?

美味しい紅茶の入れ方・茶葉1

いつも、美味しい「入れ方」と「茶葉」がそろっていなければ、美味しくない!
当たり前かもしれませんが、「入れ方」と「茶葉」がそろって、いつも美味しい紅茶がいただけます。

  • 「入れ方」は上達度によるので、人それぞれかもしれません。急には、「美味しい入れ方」を維持するのは難しいでしょう。
  • でも、「美味しい茶葉」はどうでしょう?「美味しい茶葉」は、上達度とは関係ありません。でも、知っていないと「美味しい茶葉」を維持するのは、難しいでしょう。

 

 

同じ茶葉だったのに、違う味!?

美味しい紅茶の入れ方・茶葉4

以前、こんな経験をしました。
紅茶の資格を取得するための講座で、「美味しい紅茶」と「美味しくない紅茶」を飲み比べました。あれ?美味しいか美味しくないかは、好みの問題ですよね?

はい。でも、この時は全く同じ種類の紅茶で、入れ方も同じです。だけど片方は「美味しい紅茶」で、もう片方は「美味しくない紅茶」だったんです。

へ~、そんなことあるんだぁ~!?

では2つの紅茶は、なにが違ったのでしょうか?

  • 「美味しくない紅茶」は・・・・ガラスの入れ物に入れた茶葉を、ある一定期間、日光や光に当てた紅茶でした。
  • 「美味しい紅茶」は・・・・正しいやり方で茶葉を保管していた紅茶でした。

美味しい紅茶でも、保管の仕方を間違えると、一気に「美味しくない紅茶」に変わってしまいます。美味しい紅茶は、常に美味しい紅茶でなければ、いくら入れ方を学んでも、高級の茶葉でも、美味しくなくなるのです!

 

 

美味しい紅茶の「入れ方」「茶葉」を維持するには!

美味しい紅茶の入れ方・茶葉2

「入れ方」は時間がかかる!
「入れ方」は、身に付くまでに時間もかかります。色んな経験の中から、自分なりの美味しい入れ方を見つけるしかありません。なので、今は、省略させていただきます。

美味しい「茶葉」の維持は、今からでも誰でもできる!
茶葉の保管方法には、最低限5つの項目に気を付けないといけません。

  1. 光・日光・・・茶葉が光に当たると、風味がとびます。
  2. 香り・・・お茶の葉っぱは、他の香りを吸収してしまいます。
  3. 酸素・・・酸化してしまっては、風味も香りもなくなります。
  4. 湿気・・・湿気はカビの原因です。気を付けましょう。
  5. 温度・・・他の農作物同様、一定の温度での保管がいいです。

だから、茶葉は「缶入り」で販売されていることが多いのですね!これれなら、今からでも、誰でもできますよね!
(参照:①茶葉の収納方法をチェック!お茶・ティーバッグの収納方法

「入れ方」を極め、「茶葉」の美味しさを維持できれば、いつでも自分好みの美味しい紅茶がいただけます。ぜひ、紅茶を楽しんでみてくださいね☆

********************

【5月のミニセミナーのお知らせ!】
テーマ:「世界のお茶をティーバッグで入れ比べてみよう!」

  1. 世界のお茶ティーバッグを美味しく入れる!
  2. お茶の種類の概要が分かる!
  3. お茶の種類によって、入れ方も違う?!

※詳細はコチラ→5/14(土)ミニセミナー情報!
2016.5.14ミニセミナー募集120「400×200」

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

茶葉を保存する缶は、この「内蓋付き」がおススメ!
茶葉の収納方法をチェック!
4/9(土)新宿 「ティーバッグの美味しい淹れ方実践と、正しい茶葉の保管方法」のミニセミナー
セミナー開催情報
美味しい紅茶とは?
美味しい紅茶5選!私が今までに飲んだおすすめ紅茶!

********************

【ブログ著者情報】

ティーライフ研究家 服部孝江
・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。