来客のおもてなしに「白桃烏龍 極品」がおすすめ!ナチュラルなフレーバーが世界中でも好評!!(ライフスタイルと紅茶VOL.34)

ライフスタイルと紅茶, あの人に!こんな時に!, フレーバーティー
Pocket
LINEで送る

来客のおもてなしに「白桃烏龍 極品」

上品な味わい!
ルピシアさんのフレーバードティーはたくさんあります。紅茶ベースから、緑茶、ほうじ茶などなど。そして台湾烏龍茶ベースのフレーバードティーもございます。これがまた、上品な味わいなんですよ!

フレーバードティーはあまり飲まない!
そんな方でも惚れてしまいそうな、味わいの「白桃烏龍茶」なんです。自然なフレーバーと台湾烏龍茶そのものの味わいが楽しめます。

来客のおもてなしに最適!!
最近は会社では、来客があるとペットボトルのお茶をお出しすることが多いようです。持ち帰っていただくこともできますしね。便利ですよね。

だからこそ、キチンと淹れたお茶や珍しいお茶をお出しすることで、印象が残ったりお話が盛り上がったりするのかもしれません。そんな来客のおもてなしに「白桃烏龍茶」はおススメです!

「白桃烏龍茶」のおススメの理由は、8つ!

  1.  上品でナチュラルな風味!
  2. でも、台湾烏龍茶そのものの味わいがしっかり感じられる!
  3. フレーバードティーが苦手な方でも好きになる味わい!
  4. 夏はアイスティーでも美味しい!
  5. 外国の方々にも大好評!!
  6. 淹れ方も、簡単!
  7. お子様にも好まれる風味!
  8. その場が盛り上がりそう!

では、美味しい「白桃烏龍茶」をご紹介します!

ナチュラルな風味が人気の理由!

来客のおもてなしに白桃烏龍茶10

優しくてまろやかな余韻!!
白桃烏龍茶は、口に入れるとお茶のキリッとした味わい。甘い味わい。白桃の甘酸っぱいような香りと味わい。最後は口の中にまろやかさが広がります。この余韻がまた楽しい!!

でも、しつこくなくスッキリしている!主張が強くなく、自然な風味を感じることができるのが「白桃烏龍茶」の人気の理由なのかと思います。

「文山包種」という種類を使っているから!!
そしてこの自然体ナチュラルな風味は、「文山包種」という茶葉を使っているからだと思われます。「文山」は歴史も古く、銘茶として知られております。

そして、「包種」とは花の香りを茶葉に閉じ込めていることを表しているんです!要は、茶葉自体から花の香りがする品種というわけです。フレーバードティーのように香りを人工的に着けるのではなく、葉っぱ自体から花の香りがするように品種改良をしました。

この文山包種にほのかに白桃の香りを着けるだけで、上品な風味に仕上がるのでしょう!
(参照:品評会向けに作られた「文山包種 極品 水仙 春摘み」レビュー

 

 

えっ?!これなんていうお茶?

来客のおもてなしに白桃烏龍茶12

初めて飲んだ方は「これ何のお茶?」とたずねる!
「これ、高級なお茶なんです」とか、お茶のセミナーでいただくお茶なら期待をしてお茶を飲むでしょう。でも、何も言わずただお出ししただけの「白桃烏龍茶」なら、みなさん決まって「これ何のお茶?」とたずねられるでしょう。

そのくらい「また飲んでみたい」「自分でも飲んでみたい」お茶というわけです!

 

 

外国の方にも大好評!!

来客のおもてなしに白桃烏龍茶13

外国の方にも人気!!
日本人が出すから苦い緑茶かな?と思いきや、まろやかで優しい台湾茶ベースときき、興味を示される方が多いようですよ☆本場、台湾の方にも好評のようです。

外国の方のおもてなしにも!!
もし、来客のなかに外国の方もいらっしゃるのなら、(好みはあるでしょうが)この白桃烏龍茶でおもてなしも良いかもしれませんよ!外国の方も日本の方にも、喜ばれることでしょう!

是非、お試し下さい!

********************

【茶葉/店舗情報】

茶葉詳細→白桃烏龍茶

ギフト用茶葉

  1. 「白桃烏龍 極品」デザイン缶 1,080円
  2. 「白桃烏龍 極品」ティーバッグ・デザインBOX 780円

ご自宅用

  1. 「白桃烏龍 極品」リーフ1,080円
  2. 「白桃烏龍 極品」リーフ缶入り 1,340円

 

◆世界のお茶専門店 ルピシアさん
HP:http://www.lupicia.com/shop/c/c0/
紅茶、緑茶、フレーバードティー、ハーブティーなど様々なお茶を扱っております

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

白桃烏龍茶レビュー
フレーバードティーとは?
台湾烏龍茶の種類!
女性に人気!東方美人茶!
台湾烏龍茶の代表「凍頂烏龍茶」

********************

【ブログ著者情報】

ティーライフ研究家 服部孝江
・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。