40年も続けてきた Cafe Belami(カフェ ベラミ)さんから学んだこと!「継続する為の5つの理由」【後編】

実現に向けて!, 教訓・心得, 自己実現
Pocket
LINEで送る

継続する為の理由

先日、以前お世話になったCafe Belami さんに行ってきました。急きょ長年続けていた店舗を閉めると聞き、駆けつけました!私の第二の故郷としての存在だったので、とても寂しく思います。(その様子【前編】はコチラ

そしてこのCafe Belami さんからは、たくさんの事を学ばせていただきました。お世話になっていた時はもちろん、その後もマスターの背中を見ながら、多くの事を学んだ気がします。

終わろうとしている今、私にとってはとても大きな存在だったことに改めて気づかされました!

歴史を感じる40年間!

▼まず、下の写真ですが、これが40年前から~10年くらい前のCafe Belamiさんの様子です。(当時:スナック ベラミ)

Cafeベラミ2016年1月11

先日、お伺いした際に古いアルバムを見せていただき、それを撮影したものです。実際は、40年前なのか?30年前なのか?20年前だったのかはわかりません。

 

▼そして、こちらが10年くらい前から~今のCafe Belami さんの様子です。

Cafeベラミ2016年1月10

つい先日の様子です。最初の方の写真では、大きなまあるいシャンデリア?ネオン?があったんです。今は、同じ場所に大型のTVが裏表に2台あります。

写真を見ても、時代が全然違う。これが40年もの歴史を物語っている。こんなに続けるって、本当に大変な事だと思います。ただ、スナック当初の写真を拝見するかんじだと、マスターがすごく楽しそうに写っている写真ばかり。

40年も続けるって、どんな感じなんだろう?私なりに、まとめてみました。

 

1.信念の強さが半端なく凄い!

まず、運営してきたマスター自身の「芯の強さ」が半端なくすごいんです!軸が全くブレない。志がとっても高いんだと思います。

譲れないところは、信念をもって最後まで譲らない。それを一番感じたのが、「いつまでも現役で、自分がお店に立つ」こと。自分が始めたお店は、自分が最後まで責任をもつということなのでしょうか。

強い信念がなければ、続かない。40年も続けていれば「もう無理かも」という時も必ずあったはずです。でも、無理でもなんでも「店舗に立つ」ことを毎日してきたわけです。

とても素晴らしいことだと思います!

 

2.何故か、人が集まりつながっていく!

Cafeベラミ2016年1月6

Cafe Belami さんでお世話になり始めたころ、「ここは何でこんなに人が集まるんだろう?」と感じました。

渋谷だから?人が多いから?
でも、立地的には「とても良い」というわけではないんです。むしろ、「こんな所にこんなお店があったんだ?」という場所にあります。しかも入りにくい半地下に。

特に目立っているわけではないのに、何故か人が集まる。「もう10年前からの常連なんです」とか、「年に1回しかこないけれど、30年くらいのつき合いなんです」とか、「犬仲間なんです」などなど数えきれない。

これもマスターのお人柄なのでしょう。

 

3.「第二の故郷」と感じるのは私だけではない!

第二の故郷と感じている方は、私も含め結構いらっしゃると思います。

特に地方出身のかたにとっては、ありがたい存在でした。「大学に通うために九州から出てきて、初めてのアルバイトがベラミだった」という方もいらっしゃいます。卒業後も様々な形でお店に貢献し続けているようです。

このお店を去った後も、こうしてなんだか気が付いたら「第二の故郷」のような存在になっているんです。不思議です。

 

4.支えているママも素晴らしい!

Cafeベラミ2016年1月5

最初にお店のママにお会いしたとき、「あぁ~、このママがついているから、凄いんだ!」と思いました。もちろんマスターも素晴らしい。でも自分一人だけでは乗り越えられないことも、このママなら大丈夫と感じたんです。

また親しみやすく、優しくサッパリとしているから、これまたいい!サッパリ=冷たいとかそういうことではなく、良いことはいい、ダメなのはダメ。これを誰に対しても、損得関係なくわけ隔てなくできるって、素晴らしいことだと思います。

見習いたいです!

 

5.これからも引き継がれていくだろう。

店を閉めるとなったら、引き際もちゃんとしている。私が言うのも何ですが、素直にそう感じました。

先日お伺いした時には、既に次の店舗の為の工事の方々が打ち合わせをされておりました。「ベラミ」というお店の名前は変わるけれど、マスターの思いは受け継がれていくと思います。

もしかしたら、新店舗にマスターが立っているかもしれません。詳しいことはよく分かりませんが、私はそう感じました!

ひとまず、ゆっくりと休んでいただきたいものです。

Cafeベラミ2016年1月18

何事も「継続する」って、並大抵のことではできないと思います。

自分を振り返ると、10年単位で「(本当にやりたいことを)自分の意志で始めて続いたこと」は、ひとつもない。ただ事実としてあるならば「お茶を20年間飲み続けてきたこと」これだけです。でも、「飲み続けた」といっても形として何もないんです。

あるとするならば、このブログだけ。このブログは、やっと1年9カ月が経つころ。

こうしてはいられない!

何故か、お世話になったCafe Belami さんの閉店という事実をうけ、私自身もなにか変化しているように認識しております。それが何なのか、今はよく分かりません。

とにかく私も、がむしゃらに続けてみようと思います!

********************

【ブログ著者情報】

ティーライフ研究家 服部孝江
・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。