夜、どうしても紅茶が飲みたくなったら「デカフェ アッサム」がおすすめ!寒い夜でもカフェインを気にせずアッサムミルクティーが楽しめる!その訳は?(ライフスタイルと紅茶vol.17)

アッサム, ライフスタイルと紅茶, ミルクティー, デカフェ紅茶, あの人に!こんな時に!, その他のお茶
Pocket
LINEで送る

夜、紅茶を飲むなら「デカフェ アッサム」がおすすめ!

夜に、紅茶???
私は、ほぼ毎日紅茶を飲みます。でも、飲まない時間帯があります。夕方以降です。以前は、時間に関係なく飲んでおりました。でも、ある時気づいたんです。「眠れない日は、紅茶を飲んだ日だった!」と。

お茶はカフェインが含まれている。
紅茶に限らず、緑茶などの「茶の樹」からできているお茶の大半は、カフェインを含んでおります。(ハーブティーなどは、含まれておりません。)なので、どうしても夜、お茶が飲みたくなったら、カフェインレスのお茶を選んでおります。

夜でも大丈夫な紅茶がチラホラ!
最近は「夜でもOK!」な紅茶をよく見かけるようになりました。

そこで、今回、寒い夜でもおすすめの紅茶が「デカフェ アッサム」です。
理由は4つ!

  1.  実は「デカフェ アッサム」はカフェインレス!
  2. カフェインレスだけど、いつものアッサム味!
  3. 寒い夜だから、ミルクティーにもできる!
  4. もちろん、普段使いできる!

では、ご紹介します。

紅茶なのにカフェインレス?夜もOK!

夜の紅茶はデカフェを!2

最近よく聞く「デカフェ」って?
「カフェインレス」とか「ノンカフェイン」という言葉は、既にご存知かともいます。ノンカフェインのお茶と言ったら=カフェインが含まれていない(少ない)お茶です。しかし、最近「デカフェ」という名の紅茶を取り扱っている、紅茶専門店さんもよく見かけるようになりました!

「デカフェ=Decaffeinated=カフェインを取り除いた」という意味です!

ということは・・・
デカフェとは、もともとカフェインが含まれている紅茶のカフェインを、人工的に取り除いた紅茶ということになります。

カフェインを取り除いてカフェイン含有量を少なくしちゃえば、夜でも、お子様でも飲むことができますね!

 

 

アッサムなら寒い夜でも、ミルクティーで温まれる!

夜の紅茶はデカフェを!5

どの種類でも、取り除ける!
今回は、寒い冬なので「アッサムティー」のデカフェをご紹介しておりますが、「デカフェ」はセイロンティーでもダイージリンティーでも作ることができるんですよ。

デカフェ アッサムならミルクティーにも!
アッサムはご存知、ミルクティーにも合います。寒い夜に飲むなら、ミルクティーにもできる「デカフェ アッサム」はいかがでしょうか?

 

 

デカフェ=夜専用というわけではない!

夜の紅茶はデカフェを!3

デカフェはライフスタイルに合わせて!!
デカフェは夜専用の飲み物というわけではありません。今回はたまたま「寒い夜」におススメの紅茶なので、デカフェ アッサムをご紹介しております。

デカフェは、ご自身のライフスタイルに合わせてご利用いただけます。

  • お子様やお年寄りの方でもOK!
  • 妊婦さんにも優しい!
  • カフェインを気にされる方の常用茶として!

などなど、ライフスタイルと組み合わせると良さそうですね。

デカフェだから、カフェインゼロ!?
カフェインはゼロではありません。やはり全てのカフェインを取り除くことはできないようです。カフェインが少なめの紅茶ということになります。

—————

【茶葉・店舗情報】

【デカフェ アッサム】
・茶葉詳細→デカフェ アッサム
・シュガー詳細→デカフェ紅茶の製造方法

【ティーポンド清澄白河さん】
東京都江東区白河1-1-11 1F(11~19時)茶葉の販売のみ
東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄大江戸線 清澄白河駅
A3出口 徒歩2分 深川資料館通り沿い
HP: http://www.teapond.jp/index.html

—————

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

チェリーパフェ レビュー(ティーポンド清澄白河さん)
紅茶のおすすめ店舗!TEAPOND清澄白河さん
おしゃれなスティックシュガー レビュー!(ティーポンド清澄白河さん)
寒い夜にピッタリな「和生姜焙じ茶」(ルピシアさん)
アッサムの飲み方はミルクティーでしょう!

—————

【ブログ著者情報/ティーライフ研究家 服部孝江】

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。