杉下右京さんの紅茶の入れ方について、考えてみた。(相棒と紅茶:Vol.1)

メディアと紅茶, あの人に!こんな時に!
Facebook にシェア
Pocket

相棒 杉下右京さんの紅茶の入れ方!

みなさまお馴染の、ドラマ「相棒」に登場してくる「杉下右京」さん。独特な雰囲気をもち、紅茶好きで知られております。

特に杉下右京さんが、どんな紅茶を飲んでいるのか気にもしませんでした。でも先日、「あの右京さんの注ぎ方はどうなの~?」とチョットしたことで話題になり、それ以来、気になって気になってしょうがない!

確かに、
どんな種類の紅茶を飲んでいるのだろう?
いつも同じものなのだろうか?
何で、あんな注ぎ方をするのだろう???
今更ですが、気になります。

そこで今回は、まずは「杉下右京さんの紅茶の注ぎ方」について、自分なりに考えてみました。

杉下右京さんの紅茶の入れ方とは?

杉下右京さんの紅茶の入れ方5

念の為、杉下右京さんの紅茶の注ぎ方を確認しておきましょう。

思い出してください。
いつもティーポットを片手にもち、もう片方の手でカップ&ソーサーを持ちながら注いでおります。一見、普通です。でも、ティーポットの位置がやけに高いですよね。

あの注ぎ方についてです。

 

紅茶好き、紅茶の基本から考えると・・・

杉下右京さんの紅茶の入れ方3

あの杉下右京さんの紅茶の入れ方を現実的に考えると、「高すぎでしょう!」。抽出した紅茶をティーポットからティーカップに注ぐのに、あの高さは必要ないと思います。

ポットを高くもつあの紅茶の注ぎ方は、TV的には見栄えがよくて格好いいかもしれませんね。でも、演技をしているご本人は、「熱いのを我慢している」とか?確かに、カップを持っているに熱い紅茶が飛び散りそうですよね。

私は、あの入れ方は(現実的には)遠慮しておきます。
「空気に触れされる」という意味があっての、あの注ぎ方なのでは?と思う方もいらっしゃると思います。が、「何を空気に触れさせるのか?」がポイントです!

美味しい紅茶を淹れるのなら、「沸騰したてのお湯」に空気がたくさん含んでいた方がよいですよ~☆空気を含んだお湯をポットに注ぐことで、ジャンピング効果にもつながりますしね。ジャンピングさせた紅茶は美味しいですよ~。(ジャンピングとは)

要は、ティーポットに注ぐ「お湯」に酸素が含まれている方が、美味しく抽出できるというわけなんですよ~。

 

あれはドラマのなかの演出?!

杉下右京さんの紅茶の入れ方4

ということで、夢をこわしてすみません。あれはドラマの中での演出、キャラづくりかと思われます。杉下右京さんがするから格好いいのです。

でも・・・
紅茶のマナーとか、美味しくとか、何にも考えなくてよいなら・・・あの入れ方マスターしてみたいものです(笑) (^O^)/

とはいえ、杉下右京さんが紅茶好きというのだけは、間違いないですよね~☆どんな紅茶を飲んでいるのか、気になりますね~。調べてみようかな~。

—————

「相棒と紅茶」連載記事

杉下右京さんの紅茶の入れ方(VOL.1)
相棒オリジナル紅茶「5種類」(VOL.2)
杉下右京さんに、こんな紅茶も飲んでもらいたい!(VOL.3)
右京ティーカップであなたも杉下右京さんになりきれる?!(VOL.4)
右京さんの紅茶キャラ!(VOL.5まとめ)

—————

こんな関連記事もいかがですか?

紅茶にはゴールデンルールがある?!
美味しい紅茶とお湯の関係!
紅茶と沸騰の実験

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。