ティーバッグで美味しいお茶を簡単に入れるなら、フタ&茶こしストレナー付きのマグカップがいい!!【紅茶好きが選ぶ☆茶こしマグカップ3選!!】

カップ&ソーサー, Tea Life, ティーバッグ (Tea bag), Teaware
Facebook にシェア
Pocket

ティーバッグで美味しいお茶を楽しもう!

ティーバッグは簡単でいい!
手軽で簡単にお茶を楽しむなら、ティーバッグが手っ取り早い。でも、せっかくお茶を入れるならティーバッグでも「美味しいお茶」を楽しみたいものです。

リーフ(茶葉)よりも簡単?!
リーフのお茶を入れるのは難しそうだけど、ティーバッグなら簡単に美味しくなりそう!だとは思いませんか?

だって、カップにティーバッグを入れてお湯を注いで、ティーバッグのヒモをユラユラ揺らせば出来上がりでしょ~☆
確かに!!

でもでも!!ちょっと待ったぁ~!
たかがティーバッグ、されどティーバッグなのです!ティーバッグで美味しいお茶を入れるには、そう簡単にはいきません。

ティーバッグを美味しく淹れるマグカップ12

ポイントは2つ!

  1. ティーバッグを揺らしたり、つぶしたりしない!
  2. フタをしてしっかり蒸らす!

たったこの2つの事に気を付ければ良いだけです。と言っても、なかなかこれが難しい。

 

そこで!!
誰でも簡単に2つの点に気を付けながら、ティーバッグで美味しいお茶を入れることができる「マグカップ」をご紹介します!

気を付けるというより、このマグカップを使えば「気付いたら美味しいお茶ができていた!!」という感じでしょうか。

そして、そのマグカップでリーフ(茶葉)でも、お茶を入れることができる!便利なマグカップを3種類ご紹介致します!

■①ルピシア 茶こしマグ!

ティーバッグを美味しく淹れる 茶こしマグ3

紅茶好きが選ぶマグカップ第1弾!!まずは、世界のお茶専門店のルピシアさんからは、「茶こしマグ」です。

この茶こしマグが第1位の理由!

  • しっかりフタをして蒸らすことができる!
  • 茶こしごとティーバッグを引き上げることができる!
  • 全てレンジ対応!
  • 食器洗浄機OK!(カップも茶こしも!)
  • フタを裏返して、茶こしを固定できる!
  • リーフ(茶葉)から淹れることもできる!

とにかく便利で使いやすいんですよ~☆私は、オレンジ色の模様が入った茶こしマグを使っています。他にも、色々なデザインがありますよ!

※レビューはコチラ→便利なマグカップ!
※詳細はコチラ→ルピシア 茶こしマグ

 

 

■②キントー マグカップ 耐熱二重構造!

ティーバッグを美味しく淹れる キントーマグカップ3

紅茶好きが選ぶマグカップ第2弾!!機能的なのにスマートな、「キントー マグカップ」です。

オフィスでも使える!!
何と言っても、このタイプはオフィスで使うと便利なマグカップです。蒸らし終わったら、濾し器ごと引き上げれば手を汚さずにティーバッグを捨てることができます。

フタ付き、二重構造のマグカップなので、保温性も高く使いやすいマグカップです。

※詳細はコチラ→キントー マグカップ 耐熱二重構造

 

 

■③アサヒ ストレナー付きマグ!

ティーバッグを美味しく淹れる アサヒ ストレナー付きマグ3

紅茶好きが選ぶマグカップ第3弾!!耐熱ガラスが可愛い「アサヒ ストレナー付きマグ」です。

このストレナー付きマグも、フタをして蒸らした後に、ストレナーごとティーバッグを引き上げればOK!透明なガラスなので、お茶が抽出される様子も楽しめますよ~☆

夏は水出し用にも!!
このマグカップなら、夏はストレナーに茶葉を入れてカップには水を注ぎ、フタをして冷蔵庫に入れておくだけで水出しのお茶が出来上がります!夏も冬も大活躍の「アサヒ ストレナー付きマグ」です!

※詳細はコチラ→アサヒ ストレナー付きマグ

 

 

ティーバッグをカップ&ソーサーで美味しく入れる方法

ティーバッグを美味しく淹れるマグカップ11

もちろん、ティーバッグはカップ&ソーサーで入れることもできます。ちょっと上級者向けになりますが、カップとソーサーがあれば、美味しく入れることもできますよ。

実はティーバッグが入っている箱にも、カップ&ソーサーで美味しく入れる方法が詳しく記載されているものもあります。

更に、美味しさを追求されたい方は、コチラのレビューをご参考に!!→ティーバッグでお茶を楽しもう!入れ方編

※カップ&ソーサーやマグカップが気になる方はコチラ→マグカップ おしゃれ 通販

 

 

今おススメの、葉楽さんティーバッグ一覧!

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。