紅茶にはゴールデンルールがある?!【淹れ方4】

『基礎編』 美味しいお茶を楽しむコツ♪, 紅茶, お茶って?
Pocket
LINEで送る

さぁ、今日は茶葉を使って、ティーポットで入れてみましょう。

実は、紅茶の入れ方の基本中の基本の入れ方が、

ティーポットを使って入れる方法です。

この入れ方に、名前まで付くほどです!

その名も「ゴールデンルール」(^^)/

これがマスターできれば、一人前!といった感じでしょうか?

でも、私は、この入れ方が一番難しいと思います!!

ゴールデンルール1

【紅茶のゴールデンルールとは?】

しかし、凄い名前ですね!ゴールデンのルールですよ!

19世紀の英国。ヴィクトリア時代に提唱されたそうですよ。

英国人の紅茶に対する思いは、本当に凄いです!

ルールまで作ってしまうんです。

このルールをマスターしちゃえば、本当に紅茶の世界が広がります!

基本中の基本だからです!

でも、何回でも言います! 難しいです!!

【紅茶のゴールデンルールとジャンピング!】

ジャンピング3

ゴールデンルールとは、要はジャンピングを成功させた入れ方です!

ジャンピングとは???

以前お伝えしているので今回は、省略します。

ティーポットでジャンピング?

必ずしも、ティーポットで入れると成功するわけではありません。

いくつかの条件をクリアしないとけなのです!

そして、淹れ方の手順も、以前お伝えしました。

紅茶の茶葉を使った入れ方!

手順は、こんな感じです。

【紅茶のゴールデンルール! 総まとめ?】

ゴールデンルールは、手順も大事ですが、

色んな知識をしりつつ、ポイントをおさえることの方が、大事な気がします!

これからポイントのまとめを紹介しますが、今までの総まとめになります。

そうです!

カテゴリー【保存版】の『基礎編』の総まとめになります!

ゴールデンルールをマスターするには、「知識+実践」がないとマスターできません!

ゴールデンルール2

【紅茶のゴールデンルール! ポイント!】

◆新鮮な水を使う。

◆茶葉の量は正確に!

◆完全に沸騰したてのお湯を使う!

◆蒸らし時間を大切に!

どうでしょう?

今まで【保存版】で、お伝えしたことだけです。

各詳細説明は、その時の記事を参考にしてください。

あと、ご参考までに付け加えるとしたら、

◆ティーポット&ティーカップは温めてから!

台湾春茶竹山2

【紅茶のゴールデンルール! 付け足し】

できれば、ティーポットは2個使います!

直接、ジャンピングさせたポットから、カップに注いでもよいのですが・・・・

でも、よく考えてみてください!

お湯の量は、ティーカップの2.5杯分でしたね。

1杯目を飲んでいる間に、茶葉はお湯につけておくの???

そんな入れ方は、美味しそうではないですね!

できれば、ジャンピングさせたポットから→→→

一度、温めたもう一つのポットに、全て注でください。

そこから、ティーカップに注いで飲むのが、一番ベストです!

基本のゴールデンルール!

めげずに、折れずに、淹れ続ければ、必ずマスターできますよ。

是非、トライしてみてくださいね(^^)/

ゴールデンルール3

Pocket
LINEで送る

One thought on “紅茶にはゴールデンルールがある?!【淹れ方4】

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。