抹茶総まとめ!!「抹茶の歴史」「現代風の抹茶」「抹茶とは?」「抹茶を使ったスイーツ」などなど、一気にご紹介します!!

抹茶まとめ, 総まとめ記事
Facebook にシェア
Pocket

抹茶は古い歴史がある!
全てのお茶は、中国から伝わってきました。抹茶も中国から伝わったものです。それが今では、抹茶は日本独特の文化になっております。もともと日本文化だったわけではなく、日本独自の文化に変化してきたんです。

最近で言う、ハロウィン仮装に近いですね。外国の方から見ると、日本のハロウィン仮装は「日本独自のものへと変わっていった」風に見えるのです。

日本人は、外から入ってきたものを、自分独自の文化に変えていく力があるようですね!

抹茶も、いつのまにか日本文化の1つになっていた!
抹茶の歴史をみていくと、「気が付いたら抹茶は=日本文化の1つになっていた」。こんな印象を受けます。

そして、現代まで受け継がれてきた!
抹茶は今では、海外でも大ブームになっております。抹茶が日本に伝わってきたその昔から現代まで、抹茶は色々と変化してきました。こんなに長く古い日本の文化が、今では海外で人気を獲得してることは凄いことだと思います。

意外と知らない日本人!
でも、意外と日本人でも「抹茶について」ご存知だという方は少ないでしょう。私もそうでした。

緑茶を細かくしたものが=抹茶だと思っておりました!
えっ?違うの???そう思った方は、一度、この抹茶のまとめを一読した方が良さそうですね☆ビックリするくらい、抹茶の印象も変わることでしょう!

では、ご紹介します!

抹茶とは???

抹茶総まとめ2

抹茶(まっちゃ,英:Matcha)は緑茶の一種。
碾(てん)茶を粉末にしたもの。

抹茶を一言で言うと、「碾茶を粉末状にしたもの」これにつきます。

碾茶と緑茶(煎茶)は違う!
日本茶には、煎茶、玉露、ほうじ茶、番茶など、様々な種類があります。日本茶の中の種類の1つに「抹茶」があります。なので、抹茶と、煎茶・玉露・ほうじ茶などはまた別のお茶というわけなんですね。

単純に煎茶を細かくしたものでは、ありません。

※詳細はこちら→「抹茶」とは?

 

 

抹茶の製法!

抹茶総まとめ3

碾茶が=抹茶の原料!
碾茶を細かく粉末状にしたものが「抹茶」です。そうなると、碾茶って何?という疑問が出てきます。碾茶は、ひと手間ふた手間もかけて生産しております。

  • 日光を遮る為に、葭簀(よしず)を使います。
  • 酸化発酵を止めます!(紅茶は酸化発酵・乾燥させたお茶です。)
  • 葉脈も取り除きます。
  • こうして摘み取られた葉っぱが「碾茶」になります。
  • 茶臼を使って、「碾茶」を→「抹茶」に仕上げます。

緑茶は繊細!
実は途中まで、抹茶(碾茶)も玉露も同じ製法なんです。仕上げ方が異なります。また、煎茶も玉露も基本的な製法は一緒です。でも、味わいも全く異なります。

ちょっとした作り方の違いで、煎茶、玉露、抹茶と全く別物の飲み物に仕上がるんです。繊細ですね。

※抹茶の作り方詳細→抹茶の作り方!
※他のお茶との違い→抹茶・煎茶・玉露の違いとは?

 

 

抹茶の簡単な歴史!

抹茶総まとめ4

最初にもふれましたが、抹茶は昔々お茶が日本に伝わった頃から現代まで、発展し受け継がれてきました。その時の時代に合わせて、手軽に飲みやすく美味しさを求めて、変化してきたように思います。

平安時代から歴史あり!
抹茶の歴史は、平安時代から。中国からお茶が伝わったのもこの頃です。こんな昔から、抹茶(厳密には抹茶の素?!)が日本にあったんですね。

現代は外国でもブーム!
現代は、抹茶を使った〇〇があふれるほど沢山あります。また海外の方にも大人気!抹茶が大人気というよりは、日本文化を背景にした抹茶が大人気のようです☆素晴らしく、誇らしいことですね☆

濃茶→薄茶→グリーンティーへ!
飲み方を見ると、抹茶の歴史が分かります。最初は抹茶を練るような「濃茶」。そして飲みやすくしたのが「薄茶」。さらに現代風の「グリーンティー」と変化してきました。

※詳細はこちら→抹茶の歴史を簡単にご紹介!
※抹茶ドリンクの変遷→濃茶・薄茶の違い→グリーンティーへ

 

 

抹茶の効能!

抹茶総まとめ5

製法が違えば、効能も違う!
緑茶と紅茶の製法は異なります。緑茶と紅茶の成分・効能も異なります。ということは、抹茶と煎茶と玉露の効能も違うはずです。

基本は一緒!
お茶の成分は基本的には一緒です。「カテキン、カフェイン、ビタミン類、アミノ酸類、フッ素」などが含まれております。そのなかでも「カテキン」がポイントです。

カテキンは製造過程で、変化する!
例えば、紅茶は酸化発酵させる製造過程でカテキンが→紅茶ポリフェノールに変化します。緑茶は発酵を止めるので、実は緑茶のカテキンはそのままほぼカテキンのままなんです。

日光を遮ると!
ただ、碾茶をつくる時に葭簀(よしず)で日光を遮ります。実はここがポイントで、日光を遮るとカテキンが変化するのを抑えます。カテキンは渋みの素。だから玉露も甘いというわけなんです。

※効能の詳細はこちら→抹茶の効能!

 

 

抹茶の粉末を買うならこれ!

抹茶総まとめ6

抹茶粉末は、どれを選ぶ?
抹茶は京都、愛知を中心に生産されております。でも、沢山あり過ぎてどれを購入したらよいのか迷うくらいです。また、お菓子用なのか、ドリンク用なのかでも違います。

迷ったら、まずは高島屋?!
今は、ネット通販でも購入できます。色々あって、どれを選べばよいのか分からなくなります。そんな時は、まずは高島屋オンラインストアで購入し試してみるのはいかがでしょうか?

本格的なものから、業務用、現代版まで色々ありますよ。

※抹茶を通販で→抹茶の粉末おすすめ7選!
※まずは高島屋で→抹茶は高島屋オンラインで

 

 

現代版!!抹茶ドリンク!

抹茶総まとめ7

マッチャウェイ誕生!
お湯に溶かすだけで、手軽に簡単にいただけるマッチャウェイ(MATCHAWAY)がこの秋に、4種類登場しました。使い方次第では、抹茶ソースになったりもします。

アイスのソースに!ビールにも?!
お湯の量を減らせば、アフォガード風にもアレンジできます。ビールとマッチャウェイを組み合わせる飲み方もあります。幅が広がりますね。

4種類はコチラ!!

  1. Plain(プレーン)
  2. Strawberry&Acai(ストロベリー&アサイー)
  3. Chocolate(チョコレート
  4. Apple(アップル)

※4種類セットの詳細はコチラ→MATCHAWAY4種類セット詳細

 

 

抹茶を使ったお菓子!

抹茶総まとめ8

抹茶を使ったお菓子は、溢れている!
現代は、抹茶のお菓子はどこにでもあります。ひと昔前は、甘さ控えめの抹茶のお菓子を探すのに一苦労しました。でも、今は割と簡単に探せるようになりました。

でも、沢山あり過ぎて選ぶのに一苦労?!
そこで今回は、高島屋オンラインストアで購入できるものをチョイスしました。高島屋オンラインだけでも200件近くもの抹茶を使った〇〇があるんですよ。

※詳細はこちら→「抹茶スイーツ」高島屋オンラインストアまとめ!

抹茶の「和菓子」
抹茶の「洋菓子」
抹茶の「ケーキ」
抹茶の「アイス・チョコ」など
抹茶の「蕎麦」など

 

 

抹茶ブーム!!

抹茶総まとめ9

抹茶は奥が深い!
抹茶は知れば知るほど、奥が深い!!歴史もそうですし、抹茶の製法ひとつみても奥が深いですよね。また、現代版の抹茶の使われ方をみても、様々なものに応用されております。

海外の方にも大人気!
何度も言いますが、数年前から海外の方にも抹茶が受け入れられております。そして今は、大ブーム。日本国内でも抹茶のブーム到来です。

クーツカフェ第二弾も!!
以前通っていた、ハマっていたクーツカフェ。いつの間にか閉店されていましたが、またいつの間にか復活しておりました。名前は変われど、また進化して再登場です。

メニューに「濃茶ラテ」がありました。近々、行くぞぉ~!
たまには、抹茶に触れて日本文化を楽しんでみませんか?

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。