抹茶のアレコレまとめ!!抹茶とともに日本の茶文化が発展していった!

抹茶, お茶の効能, 緑茶
Pocket
LINEで送る

日本のお茶文化の代表!

抹茶は昔から現代も、日本の茶文化を発展させてきた日本の代表「茶」。もともとお茶は中国から世界中に広まっていきました。

ということは、中国から伝わってきた後で、「抹茶」というものが日本で生まれ発展してきたということです。まさに「抹茶」は日本の茶文化の原点です。

そんな日本代表茶「抹茶」とは、そもそも何なんでしょうか?ご紹介します。

抹茶とは?

まとめ!抹茶アレコレ1

抹茶(まっちゃ,英:Matcha)は緑茶の一種。

碾(てん)茶を粉末にしたもの。

抹茶は緑茶の一種なんですが、他の緑茶とは作り方も味わいも、楽しみ方も違います。

※詳細はコチラ→「抹茶」とは?

 

 

抹茶の歴史を簡単にご紹介!

まとめ!抹茶アレコレ2

抹茶の歴史は、お茶が中国から伝わってきた頃からあります。そして現代親しまれ、外国の方にも大人気!!形は変われど、巡り巡って抹茶は人々に愛され続けております。

最初は茶道からはじまり、千利休により確立されてきました。江戸時代は上質な煎茶作りが盛んでしたが、こうして現代でも抹茶は存在します。国産紅茶作りに精を出していた時代もありましたが、やはり抹茶は今でも存在します。

茶道が確立していなかったら、ここまでお茶の生産も盛んではなかったかもしれません。そんな抹茶の歴史詳細はコチラをご覧ください→抹茶の歴史を簡単にご紹介!

 

 

抹茶の作り方!

まとめ!抹茶アレコレ3

抹茶は緑茶の仲間ですが、他の緑茶とは製法が異なります。まず抹茶は「碾茶」というものを作ります。その碾茶を粉状に仕上げたものが抹茶です。

抹茶は葉っぱを摘みとる段階から、育て方が異なります。何故か日光を遮ります。日光をたくさん浴びた方が美味しそうな気もしますが、遮ることにより旨味成分が残るんです。

緑茶の種類の中で粉状に仕上げるのは抹茶だけです。現代は緑茶粉末というものも出回っております。ここで言う「抹茶」と「粉末緑茶」はこれまた別物になります。

※抹茶の製法詳細はコチラ→抹茶の作り方!

※粉末緑茶詳細はコチラ→抹茶と粉末粉末は違うの?

 

 

緑茶と抹茶と煎茶と玉露???

まとめ!抹茶アレコレ4

抹茶は緑茶の仲間。緑茶には他にも、煎茶、玉露などがあります。そして、それぞれ抹茶も煎茶も玉露も作り方が異なります。同じ緑茶の仲間ですが、作り方が異なります。

その昔?!煎茶と玉露の区別もつきませんでした。その煎茶や玉露を粉末状にしたものが抹茶だと思っていました。でも、全て全然違う製法で、飲み方も違うんですね。

※違いの詳細はコチラ→抹茶・煎茶・玉露の違いとは?

 

 

抹茶の効能!

まとめ!抹茶アレコレ5

お茶は製法が違えば、成分・効能も異なります

紅茶や緑茶、青茶(烏龍茶)も製法が異なります。どのお茶も基本的な成分は一緒です。でもそれぞれの製法によって、違う物質が生成されたりします。成分が違えば、効能も異なります。

抹茶の効能は、どうなのでしょうか?

※詳細はコチラ→抹茶の効能!

 

いかがでしょうか?
抹茶って、とっても奥が深いですね。日本の茶文化の原点。大事にしたいですね。

Pocket
LINEで送る

One thought on “抹茶のアレコレまとめ!!抹茶とともに日本の茶文化が発展していった!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。