セイロン ヌワラエリヤをテイスティング!「紅茶5種セット~飲み比べ③」

Tea Life, セイロンティー, 茶葉レビュー, 紅茶, お家で Cafeレビュー
Facebook にシェア
Pocket

セイロン産地で一番標高が高い!
セイロンティーの生産地で、一番標高が高い産地がヌワラエリヤです。標高1,200メートル以上が、高い標高とされております。ヌワラエリヤは、もう少し高めの約1,800メートルに位置します。

香りも独特なスッキリさ!
ウバ茶はサロメチール香と呼ばれる、独特なスッキリさがありました。ヌワラエリヤも独特なスッキリさがありますが、ウバのような刺激的な香りとはまた異なります。

爽やかに澄んでいる!
クセのないスッキリさで、「爽やか!」「澄みきった!」という印象をもちます。ヌワラエリヤは、是非ストレートで味わっていただきたいセイロンティーです☆爽やかなストレートが飲みたい時は、ヌワラエリヤです。アイスティーにもおススメ!!

ダージリン春摘み?!
私だけかもしれませんが・・・どうもこのヌワラエリヤ、春摘みのダージリンっぽいんです。特にベストシーズンのヌワラエリヤは、ダージリン春摘みのようなフレッシュさも感じられます!

フレッシュでスッキリ、サッパリのヌワラエリヤをご紹介します!

セイロン・ヌワラエリヤ ~高原のリゾート~

ヌワラエリヤ セイロン5種飲み比べ2

【ベストシーズン】
①1~2月 ②6~7月
特に1~2月の時期がベストシーズンになります。

【標高】
ハイグロウン地帯(約1,200m以上)。
ヌワラエリヤはセイロンの産地の中で一番標高の高い地域です。約1,800mの産地で生産しております。
標高も高いので、霧も発生しやすいようです。また昼夜の気温差もあるので、スッキリ澄みきった香りに仕上がるのでしょう。

この茶葉のタイトルは「高原のリゾート」です。

観光地のようです。ヌワラエリヤに行って、現地で紅茶をいただいてみたいです!昔、イギリスの植民地だったころは避暑地として栄えていたようですよ。さすが、標高の高いだけありますね☆

 

 

ヌワラエリヤの茶葉!

ヌワラエリヤ セイロン5種飲み比べ3

爽やか!
ヌワラエリヤの香りも、スッキリ爽やかです。クセが無い爽やかさなので、ずっと香りに包まれていたいような気持になります。

茶葉はそんなに細かくない!
ヌワラエリヤの茶葉は、比較的大きめの茶葉に仕上がっております。ヌワラエリヤは、ほぼストレート向きの紅茶です。細かい茶葉だと苦味や渋みが出てしまい、せっかくの爽快さがきえてしまいます。大きいくらいがちょうど良いですね。

 

 

抽出したヌワラエリヤ!

ヌワラエリヤ セイロン5種飲み比べ4

黄金色!?
ヌワラエリヤの水色(すいしょく)は、ゴールドっぽさがあります。明るい金色のこの水色(すいしょく)も、高原の爽やかな感じが伝わってきて良いですね☆

スッキリなのに、蒸らし時間はたっぷり!
ヌワラエリヤの抽出の際にいつもビックリするのが、抽出時間です。「ヌワラエリヤ=スッキリ」という印象が強いせいか、どうしても蒸らしは1分程度と思ってしまいがちです。

でもこのヌワラエリヤは3分程。もっと茶葉が大きいヌワラエリヤは、5~8分の蒸らし時間をとります。私は毎回、我慢しながら蒸らし時間を長め(いや標準時間)にしております。(笑)

後から甘みも出てくる!
そしてビックリするのが、時間を置いたヌワラエリヤです。あんなにスッキリ味だった紅茶に、甘みが加わってくるんです。どこから来た甘さかは???ですが、この差がまた楽しんですよ!

ストレート使用なのに、色々な表情があるヌワラエリヤは、おススメです☆

 

—– 参照—–
飲み比べ5種類セット

  1. セイロン・ウバ
  2. セイロン・ディンブーラ
  3. セイロン・ヌワラエリヤ
  4. セイロン・キャンディ
  5. セイロン・ルフナ

セロンティー概要

10月17日(土)ミニセミナーで5種類の飲み比べます!
詳しくはコチラを→10/17ミニセミナー募集!!

Facebook にシェア
Pocket

3 comments

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。