ダージリンの味の特徴!「夏摘みダージリン」2015!!

ダージリン, Tea Life, 茶葉レビュー, 紅茶, お家で Cafeレビュー
Facebook にシェア
Pocket

さてさて、今年も無事に夏摘みダージリンを味わうことができました。

ダージリンの味わいの特徴で、ダージリンらしさが一番はっきりと表現されているのが、今のシーズン夏摘みダージリンです。ダージリンの特徴のひとつ、マスカテルフレーバーが顕著になるからです。(参照:夏摘み2015特徴

ただ、種類によってはマスカテルフレーバーを強調していない茶葉もあります。茶葉のラベルなどをみると、特徴が見えてくると思います。

私が選んだ夏摘み2015の茶葉は、「サングマ茶園」&「タルボ茶園」の茶葉。

個人的には、春摘みファンの私。長年飲み続けながら見つけた自分好みの茶葉は、マスカテルフレーバーが顕著ではない茶葉のようです。甘みが深く、渋くない茶葉を選ぶことが多いです。

夏摘み味わいまとめ24

気が付いたら、「タルボ茶園」の茶葉を選ぶ機会が増えていきました。現に、このブログを始めてからは、毎回タルボ茶園の茶葉をレビューしておりました。タルボファンなんです☆

今夏選んだもう一つの茶葉が「サングマ茶園」の茶葉。サングマも有名な茶園の1つ。サングマも美味しい茶葉がたくさん。そして、マスカテルフレーバー寄りのものや、タルボ寄りのものまで、幅広く生産している印象です。久しぶりのサングマ茶園となります。

タルボとサングマのダージリンは、全く真逆の味の特徴なんです。

今回は、

  • ①夏摘み「タルボ」&「サングマ」比較
  • ②そして春摘み「タルボ」&夏摘み「タルボ」比較をご紹介します。

サングマ2015-DJ163

夏摘み味わいまとめ20

夏摘みサングマ2015-DJ163は、秋を思わせる味わい&見ため。

天候の影響なのか、もともとサングマの茶葉の特徴なのかはちょっと分かりませんが、ミルクティーにも合うくらい秋摘みに近い状態の茶葉でした。

香りも落ち着いたムード。タルボ茶園よりは、マスカテルフレーバーっぽさが味わえます。ストレートでもコクが感じられる奥深い味わいですよ。

※レビュー詳細はコチラサングマ2015-DJ163 

 

 

タルボムーンライト2015 DJ-301

夏摘み味わいまとめ21

タルボムーンライトは、もう甘さと華やかな香りが広がります。先程のサングマとは、真逆です。

夏摘みなのに、マスカテルフレーバーとは無縁の茶葉。そのくらい渋みもなく、甘い味わいです。ただ、コクや深みも感じられるので、落ち着いた甘さという感じです。

茶殻も甘い香り。やっぱりタルボはやめられませんね~。

※レビュー詳細はコチラ→タルボムーンライトDJ-301

 

 

タルボ「春摘みムーンストーン」&「夏摘みムーンライト」比較!

夏摘み味わいまとめ23

せっかくなので、2015年春摘みタルボ「ムーンストーン」と、2015年夏摘みタルボ「ムーンライト」を比較します。

「ムーンストーン」と「ムーンライト」。全く違う茶葉とは思えずに、夏摘みもタルボのムーン〇〇〇シリーズを選んでみました。

味わってみると、「やっぱり似ている!」という印象。恐らく「ムーン」繋がりの何かがあるようです。春摘みの味わいを→夏摘みが引き継いでいるようです。

※比較詳細はコチラ→タルボ春摘み&夏摘み比較!

 

いかがでしょうか?

同じ夏摘みダージリンでも、味の特徴が全く違ったりしております。また同じ茶園でも、ロットナンバーが違えば味わいも全く違う茶葉もあるほどです。現代のダージリンも、色々と挑戦しているようですよ。

今後のダージリンも、楽しみです☆

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。