世界中にお茶がある!

Tea
Pocket
LINEで送る

そろそろ、日本茶は茶摘みの時期です。

新茶のアノ香り、楽しみですね♪

 

「お茶」 = 緑茶、紅茶、バーブティーなどありますが、

皆さんは「お茶」と聞いて、どこの国を思い浮かべますか?

日本茶はもちろん、日本で栽培しています。

あとは、中国茶、台湾茶などもありますね。

 

では、紅茶はどうでしょう。

紅茶は・・・インド?イギリス?フランス?・・・

実際に栽培している所で代表的な国は、インドです。

あとは、スリランカ、インドネシア、ケニア、トルコ、アルゼンチン

バングラデッシュ、イラン、ロシア・・・等々

17ヶ国で栽培されていると言われています。

 

以前の私も、インドでしか栽培されていないと思っておりましたが、

意外と色んな国々で栽培されていることにビックリです!

最近は、ケニアが頑張ってるようです。

実は日本でも、日本茶農園の方々の間で、

趣味的に日本で取れた茶葉を使って、紅茶を作っているところもあるようですよ。

優しい味わいで、ほっとします(*^-^*)

 

では、ハーブティーは?

こちらは、ハイビスカスなどが入ったローズヒップもありますし、

北の国・北海道のラベンダーもあるので、

南国や北国でも、色々な国で栽培されていると思います。

 

こうしてみると「お茶」は、世界中にあります!

現代はこの日本にいながら、世界中のお茶を楽しむことができるんですね(^◇^)

お茶好きの私にとっては、ありがたことです!

 

ひとつひとつのお茶には、各農園の方々の思いがあり、

それぞれのお茶の特徴もあり、色んな飲み方もあり・・・

そして、やはり農産物なので、同じ農園のお茶でも

毎年毎年、全く同じものがとれるわけでもないようです。

 

その時々で、変化するお茶!

それがお茶の魅力なのかなぁ~?と思っている今日この頃です。

 

是非、機会があったら、

様々な世界中のお茶に触れてみてください!

お茶との生活、楽しいですよ~(^^♪

おすすめです!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。