夏バテ予防のために気を付ける8つの習慣!(この習慣に合わせてドリンクをセレクトしよう!)

活動内容
Pocket
LINEで送る

まだ夏バテは、大丈夫ですか?

先日は「夏バテの症状・原因」についてのお話でした。毎年夏バテに悩まされているのなら、夏バテの原因を知った上で夏バテ予防をすることが大切だと思います。

症状・原因・予防方法を知った上で、「夏バテ対策ドリンク」を使い分けることをおススメします。

さて、今日は夏バテ予防のために気を付ける事を、まとめてみました。自分でまとめながら、「こんなことをしていたのでは、夏バテになるでしょう~!」なんて項目もありました(笑)。気を付けようと思います。

ではご紹介します。

①冷たいもので&甘いものは要注意!

夏バテ予防8つの習慣1

夏に一番やりがちだけど要注意なのが、「冷たい&甘い」食べ物、飲み物を摂取し過ぎること!!がぶ飲みです。

これは本当に要注意です!!

ダイエットの為???イエイエ、そんなものではありません。「冷たくて&甘い」ものは、暑い日に食べると心地良いですよね~☆甘いものは疲れにも良いと言いますしね。

でも、そんな生活を続けていると・・・冷たい飲み物は、胃の働きを低下させ食欲が無くなってしまいます。また甘いものは、血糖値を上げ満腹感に繋がり食欲も無くなります。

「冷たいもの&甘いもの」でお腹いっぱいになったつもりになり、その後食欲不振に陥るくらいなら、夏バテに効く食材を毎日摂取した方が健康的です。

結果、夏太りにもつながります。夏の方が代謝が落ちます。冬の方が基礎代謝が高いのです。代謝も上がらないのに、食欲がないからと言って甘くて冷たいものばかり 摂取していると・・・夏太り一直線!

さて!あなたは、この夏をどう過ごしたいですか? 「楽しい」夏にしたいですか?「夏バテ」「夏太り」一直線の夏にしたいですか?

 

 

②夏こそ、規則正しい生活習慣を!

夏バテ予防8つの習慣2-2

夏は暑いけど、夏休みもあるし楽しいよなぁ~♪

確かに!でも、気を付けたいのが不規則な生活。楽しいイベントも盛りだくさんですし、久しぶりの長期休暇だったりと、つい不規則になりがちです。でも、できるだけ「規則正しい生活」をした方が良いでしょう。

規則正しい生活を送ることで、毎日規則正しく食事をすることができます。また習慣化していることから、体調の微妙な変化を読み取ることができます。「今日は〇〇だった。いつもは◎◎なのに」という感じで。

何か変だなと気づいたら、直ぐに対処することができますよ。

 

 

③“適度な” 水分補給を!

夏バテ予防8つの習慣3

そして、夏に大事なのが水分補給

もうご存知、夏の水分補給は本当に大事ですね。でもでも・・・摂りすぎも良くないってこと、ご存知でしたか???水分を摂りすぎると、体内の水分バランスが崩れます。

取りすぎもよくないけど、水分摂取を我慢するのも良くない!喉が渇く前に適度に、こまめに水分補給することをおススメします。また運動の前や、睡眠前の水分補給もお忘れなく!

 

 

④夏バテ予防に良いとされている栄養の摂取!

夏バテ予防8つの習慣4

夏バテには特に、「ビタミンB₁」「ビタミンC」「カルシウム」などが良いとされております。

  • 「ビタミンB₁」は、糖質をエネルギーに変えてくれます。エネルギー循環が上手くいかないと、疲れの原因の乳酸が溜まってしまいます。
  • 「ビタミンC」・・・ストレスを和らげてくれます。暑さからのストレスも多い夏。ビタミンCがストレスから守ってくれます。
  • 「カルシウム」・・・夏は汗をかきます。体内に必要なカルシウムなどのミネラルも、汗と一緒に出てしまいます。

そして、ここでも注意なのが「甘いもの」です。甘いものは、夏バテ予防には欠かせない「ビタミンB₁」を消耗してしまう働きがあるようです。夏の「甘いもの」はホント要注意ですね。

 

 

⑤体内の温度調節!

夏バテ予防8つの習慣5

夏は、体内の温度調節も重要。

体内に熱がこもったままだと、温度調節ができなくなり熱中症にもなりかねない。体内の熱を蒸発させるためにも、汗をかいた方が良いのです。

でも、現代は冷房が欠かせません。だからと言って、冷房で身体を冷やし過ぎても危険です。汗をかかなくなるからです。汗が体内の温度を下げてくれるのです。

体内温度の調節ができないということは=自律神経が乱れ=自律神経失調症にもつながります。

 

 

⑥適度な運動を!

夏バテ予防8つの習慣6

そこで、適度な運動で汗をかくという手もあります。汗をかけば体内温度の調節もうまくいきます。血糖値も下げることができますし、よい睡眠にもつながります。

よいコトばかり☆

だからと言って、一番暑い時間帯にランニングしちゃえば、汗も沢山出るだろう!と無理をするのもNGです(笑)

私は、もう4年くらいヨガを続けております。夏に限らず年間を通してです。ヨガは室内でもできますし、体幹を鍛えます。緩やかな動きなのに、適度な汗もかきます。おススメですよ!

 

 

⑦十分な睡眠を心がけよう!

夏バテ予防8つの習慣7

適度な運動が、よい睡眠に繋がります。

ただでさえ暑くて寝苦しい夏の夜。少しでも良質な睡眠を心がけたいものです。睡眠不足のまま朝をむかえてしまっては、日中にも悪影響を与えます。良い睡眠を心がけることが、夏バテ予防にもつながります。

少しでも良い睡眠ができるように、工夫したいですね。

 

 

⑧刺激が強い食材で食欲増進を!

夏バテ予防8つの習慣8

食欲を増進するためにも、刺激の強い食事も手ですね。例えば、キムチ、ニンニク、生姜などです。

でも、体調を崩している時に無理やり刺激の強いものを食べても、逆効果。夏バテになる前に、元気な時に、少しずつ食欲増進に心がけることが重要だと思います。

 

夏バテ予防8つの習慣9

いかがでしょうか?

夏バテ予防のために気を付ける事と言っても、なにも特別な事ではありません。いつもの生活にチョコットだけ工夫したり、気を付けたりするだけです。

そして、夏バテになる前から気を付ける事が大事なんですね。夏バテ予防で、この夏も元気に楽しく過ごしたいですね(^O^)/

次回は、夏バテ予防に効く栄養・食材を詳しくご紹介します。

Pocket
LINEで送る

3 comments

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。