世界のお茶の飲み方【2日目】

Tea
Pocket
LINEで送る

さて今日も、世界のお茶の飲み方のご紹介です。

25か国もあるので、3,4日間にかけて、お話ししようと思います。

【世界のお茶の飲み方】

今日の国々はこちら!

各国の習慣2

実は、世界トップレベルのお茶の生産国も、混じってま~す。

どこの国でしょう???

 

【世界のお茶の飲み方 ~ロシア~】

ロシアと言えば、ロシアンティーを思い浮かべると思います。

ジャムを入れた紅茶や、お茶&ジャムを別々で楽しんだりしているようですね。

でも、その他にも世界中の国々と比べて、

ロシアらしい特徴的な飲み方や道具があるんですよ。

 

それは、

「サモワール」と呼ばれている道具。

花瓶のような形をしている金属製の容器です。

写真がなく、伝わりにくいのですが・・・

お湯を沸かしたポットの上に、紅茶を保温する為にティーポットが

固定できるようになっています。

寒い寒いロシアでは、ティーコージじゃ紅茶が直ぐに冷めてしまうのでしょう。

このサモワールでしたら、湯沸し・保温・暖房機能があるので、

温まりそうですね!

 

 

【世界のお茶の飲み方 ~トルコ~】

世界のお茶の飲み方2

トルコは、世界初のコーヒーハウスで有名ですが、

圧倒的にお茶は、チャイという飲み方が多いようですよ。

世界的なお茶の生産国ではありませんが、

トルコ式チャイという名前もあるほどです。

しかも、一日中チャイを提供するオフィスもあるとか・・・

2つの大きさの違うポットを上下に載せて、そのままコンロで加熱して、

お茶を抽出する飲み方です。

 

【世界のお茶の飲み方 ~エジプト~】

エジプトにお茶???と思う方もらっしゃると思います。

私もそうでした!

でも、あるんです。ハーブティーはローズヒップ!

世界のお茶の飲み方3

日本で販売されている、オーガニックのローズティーにも

このエジプトのローズヒップが含まれていることもあります。

しかも、現地では、砂糖を入れたハイビスカスのお茶。

日本ではホットで飲むことが多いですが、エジプトではアイスのようですね。

 

 

【世界のお茶の飲み方 ~チュニジア&モロッコ~】

この2か国は、フレッシュのミントティーでの飲み方が定番のようです。

両国とも、緑茶ベースのミントティーです。

チュニジアでは、松の実を浮かべて、サムサと一緒に飲むようです。

モロッコでは、ティーセレモニーのティーパーティーで

ミントティーを提供しているようです。

 

 

【世界のお茶の飲み方 ~ケニア~】

ケニアは世界的にも紅茶生産国として知られています。

ほとんどが、あのCTC製法のお茶。

どんな飲み方をしているのでしょうか?

もちろん自国で生産したCTCを、手鍋で煮出してミルクティーで飲むようです。

CTC「はミルクティー向けのお茶なので、コクがあって美味しそうですね!

 

【世界のお茶の飲み方 ~ルワンダ~】

さて、本日最後の世界のお茶の飲み方は、ルワンダです。

歴史は浅いようですが、ここでもCTCの紅茶が生産されているようですよ。

ケニア同様、ミルクティーで飲んでるようです。

ルイボスティー9

次回は、生産国トップクラスの国々のご紹介です!

Pocket
LINEで送る

One thought on “世界のお茶の飲み方【2日目】

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。