「並ぶ」センスで、その人の力量がわかる。

実現に向けて!, 気づき、感じたこと, 自己実現
Share on Facebook
Pocket

  • 普段、並ぶシーンは、たくさんある。
  • センス良く並ぶことで、気持ちよくスムーズに時が流れる。
  • 「並ぶ」行為には、センスがあるようだ。

 

行列のできる、〇〇店。

この「並ぶ」は気合が入っている。「並ぶ」ことを前提で並んでいるので、皆、礼儀正しい。センスも何も、もう皆が「並ぶぞぉ!」というつもりで、その場に行っている。

だからスムーズに、並ぶことだができるのだと思う。

しかし、本当の意味での並ぶセンスは、普段の何気ない場面で分かる。

並ばなくてもコトは進むけれど、ズルいこともできる隙間もある。

そんな場面だ。でも、そこをあえてセンス良く並ぶことで、後から来た人も、そこで待っている人も気持ちよく過ごせるものだと思う。

並ぶセンスは、気づいて空気を読み取ることから。

普段の場面で、並ぶ場面はいくらでもある。

  • バス停
  • ラッシュ時の駅のホーム
  • コンビニなど店舗のレジ
  • 改札を出るとき

例えば、バス停。

1つのバス停に、違う方面行きのバスが、次々に何台も止まるバス停。

そこに並ばずに、群がっていても、誰がどのバスを待っているのか分からない。どこに並んでいいのかさえ、分からない。それだけではなく、群がっているということは、バス停前を通る通行人にも迷惑がかかる。

いろいろなことを想像して、バス停前でどう過ごしたらいいのか考えてみよう。

 

 

センス良く並んでいると、後から並ぶ人もセンスが良くなる。

このバス停。

ある時から、1列に並ぶようになった。

自分が乗るバスが来たら、列の一歩前に出る。すると、このバスに乗る人が、一目瞭然。お互いに、並んだ順番でバスに乗り込むことができる。

通行人にも、迷惑がかからない。とてもスムーズだ。

実は、たった一人でもセンス良く並ぶと、その後に続く人も、センスがよくなる。センス良く並ぶ人が増えると、先に群がっていた人たちにも、センスの良さが伝わるようだ。

勇気をもって、群がっているあとから、センス良く並んでみよう。

 

 

センス良く並ぶと、時間のロスもなくなる。

センス良く並んでいると、自分が一番先頭に並んでいて、違う方面行きのバスが来たら、次に並んでいる人に「お先にどうぞ。」と声もかけられる。

特にラッシュ時は、声を掛け合ったるすることで、バスの発車を少しでも遅らせずにすむと思う。

センス良く並ぶと、自分も早く目的地まで到着できる。ほかの人も同じだ。

我先にと、群がったところで、乗り込む時間がロスるだけではなく、気分的にもよくない。そして目的地には、遅れて到着して、さらに気分も低下していく。

どうでもいいところで、センス良く並べるかどうかが、見え隠れするのだと思う。

譲りあう気持ちがあれば、だれでもセンスよくなれる!

*********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

どうしたらいいのか考えよう。(気づいて、動いて、考える。)
夢は大きいほど、今が楽しくなる!
気持ちを立て直すと、うまくいく。いい運気が流れ込む。
自分で引き寄せていることに気づこう!良いものも、悪いものも。
本気で変わりたいと思った時点で、既に変わっている。

********************

【ブログ著者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。