「手摘み茶 興津川」は、柔らかい優しさあふれる味わい!伝統の浅蒸し茶-2017グリーンエイトさんの新茶Vol.2

日本, グリーンエイトさん(静岡 両河内茶), 日本新茶, Tea Life, 茶葉レビュー, 緑茶, 茶園
Facebook にシェア
Pocket

今年は、グリーンエイトさんの新茶を、3種類そろえました。

  1. 初釜のお茶『新茶清水』
  2. 伝統の浅蒸し茶『手摘み茶 興津川』(今回)
  3. つゆひかり玉露入り

先日、「新茶清水」を飲み切ったので、今回は「手摘み茶 興津川」を開封してみました。

香りが新鮮!

「興津川」は、手摘み茶のようです。

袋はいつも、はさみでカットしております。はさみを入れたとたんに、ぱぁ~っと新茶の香りが漂ってきました!とてもいい香りで、癒されます。

春摘みダージリンでは、ぱぁ~っと香る茶葉はたくさんあります。

新茶でも、華やかな香りがあるようです。「興津川」は、とても華やかな香りの、茶葉です。いただく前から、なんだか癒される「興津川」。味わいが、楽しみです。

「興津川」という川は、グリーンエイトさん付近を流れている川の名称です。

 

▼香りが逃げないように、さっそく缶に保管しました。

 

 

「興津川」を抽出。

さて、茶葉の香りを楽しんだ後は、抽出です。

またまた、テイスティングカップの登場です。最初だけ、毎回、同じ条件で茶葉を抽出しております。

「どんな味わいかな?」「このお茶は、今後どうやって飲んだら、一番おいしいかな?」「もっとおいしい入れ方は、あるのかな?」などなど、探りながらの抽出です。

 

▼少し冷ましたお湯を入れます。

結構すぐ緑色に染まり、茶葉は下のほうに静かに沈みます。この様子を見ているだけでも、毎回落ち着きます。

紅茶の場合は、沸騰したてのお湯を入れて、ティーポットの中で、茶葉がグルグル対流する様子がうかがえます。紅茶はアクティブな印象ですが、緑茶は静かな印象です。

茶葉の動作だけでも、緑茶は落ち着くのだともいます。

 

▼フタも静かに置きます。

動作まで、静かになるようです(笑)

 

▼今回は1分ちょっと蒸らしました。蒸らした後は、一気に注ぎます。

いつもの写真は、注ぎ口だけの写真でした。

今回は、思い切って、テイスティングカップ全体の写真を載せてみました!こっちのほうが、リアリティがある気がします。

この注いでいるときでも、新茶のいい香りがしてきます。

静かに一気に注ぐ感じが、どこか凛とした雰囲気がして、落ち着くのだと思います。

 

 

「興津川」は、優しさあふれる味わい!

1煎目の「興津川」です。

  • 色合いが少し薄いのですが、まずは、おいしいそうな香りがします!
  • 一口飲んでみると、優しい味わいが口の中に広がります。
  • 柔らかい印象です。
  • 後から、甘みが押し寄せてきます!
  • ぴ~んと伸びている茶葉のイメージとは、まったく真逆の味わい。

これは、おいしい!!

新茶は、すっきり爽やかな印象がありますが、「興津川」はとっても優しさにあふれた味わいです。手摘み茶だからなのでしょうか?

玉露のような印象もあります。

 

▼2煎目も入れてみました。

2煎目は、味わいもハッキリしてきて、少し渋みもあります。

でも、甘みもさらに出てきて、口の中では、いろいろな味わいが競争しているような感じです。ごくんと飲み終わると、優しい味わいに包まれて、どこかほっとします。

「興津川」は、おいしいだけではなく、優しさに包まれて落ち着きます。

 

▼茶殻を食べてみました!

茶葉は苦みもありましたが、やはり口の中で優しい甘みが広がります。

いくらでも食べられる茶葉。止まりません!(笑) 茶葉を食べた後で、またお茶を飲むと、これまた甘みがグッと前面に出てきて、大変です!

 

 

まとめ|伝統の浅蒸し茶『手摘み茶 興津川』

  • 開封した時の茶葉の香りは、見逃せません。新茶らしい、とてもいい香りがします。
  • 茶葉は、ぴ~んと針のように元気いっぱい。
  • 緑茶の抽出は、どこか落ち着きます。
  • 紅茶の抽出は元気な感じですが、緑茶は静かで心が落ち着く感じがします。
  • 「興津川」のお茶の色も、優しい色合い。
  • 味わいも、優しさにあふれた味わいが、口の中に残ります。
  • 2煎目のほうが、しっかりとした味わいになりました。
  • 茶殻は、ほろ苦さと甘みが何とも言えず、ちょうどいい味わい。
  • 茶殻とお茶を交互に飲むと、さらに優しい甘みが広がります。

優しさあふれる「興津川」。

夏の疲れも癒されるような、本当に優しい味わいです。この時期に開封して、ちょうど良かったのかもしれません。

日本の新茶は、本当においしい。おいしい新茶たちに出会えるだけで、得した気分になります(笑)

おいしいお茶を、ありがとうございます!

*********************

【茶葉/生産者情報】

▼伝統の浅蒸し茶 『手摘み茶 興津川』2017

グリーンエイトさん
HP:静岡の両河内のお茶グリーンエイトさん

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

茶農家の魂が込められている静岡県「両河内茶」!
わだしまはロングセラー商品!(2015年の新茶)
静岡の新茶 2016年!!グリーンエイトさんの「わだしま 玉露入り」
和紅茶「スイート・つゆひかり」レビュー!
今シーズン(2015年春~2016年冬)いただいた、静岡の両河内「グリーンエイトさん」の茶葉9種類!
抹茶・煎茶・玉露の違いとは?

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。