やっぱり、春が旬のお茶は、自分の好みのお茶が多い。

Tea, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, Tea Life
Facebook にシェア
Pocket

  • 先日、春摘みダージリンを飲みながら、気づきました。
  • 私は、どうも春のお茶が好みらしいと。
  • 香りと甘さがいいのかもしれません。

 

お茶の種類や産地にもよりますが、春、夏、秋と収穫するお茶があります。

また、世界中のお茶を飲んでみても、私の好みは、春に収穫するお茶に集中している気がします。

この感覚は、一般的に美味しいといわれているお茶とは、またちょっとズレている部分もあるかもしれません。

ただ、お茶は嗜好品なので、自分のスタイルでいいと思います。お茶は、やっぱり自分で味わって、自分の好みを探すのが楽しみでもあるのです。

ダージリンは夏が中心。

例えば、ダージリン。

ダージリンのファンは、世界中にたくさんいます。ただ、一般的には「夏摘み」のダージリンがメインです。夏摘みダージリンを好んでいらっしゃる方も、多いでしょう。

私は、何度飲んでも、春摘みダージリンが美味しいと感じます。

夏も秋も美味しいことは、確かです。でも、香りも、味わいも、トータルで好んで飲むのは、春摘みダージリンです。

そして、ダージリンらしさが一番顕著な時期も、実は夏のダージリンなのです。

毎年、夏メインのダージリンだといわれておりますが、やはり私は、春摘みのほうがお気に入りです。

 

 

春だけ旬のお茶も、自分好みが多い。

例えば、セイロンティー。

セイロンティーは、産地によって、春のお茶か夏のお茶かに分かれます。

日本茶やダージリンのように、春から秋まで収穫するスタイルとはまた違います。セイロンティーは、気候の影響で、春か夏のどちらかが旬の時期という産地が多いです。

その中でも、私はディンブラやヌワラエリヤという、春のお茶が好きです。

また、インドのニルギリという紅茶も、好きです。ニルギリも、春(早春)摘みのお茶です。

 

 

お茶は、ある程度の渋みも大事。

先日、春摘みダージリンをいただきながら、「私はやっぱり春のお茶だ」という結論に至りました。

  • 春は、まだ太陽を浴びる期間が少ないという特徴があります。
  • カテキンが増えないので、渋みも少ないです。
  • そう考えると、太陽を遮って作る、玉露も好きだという構図が出来上がります。

お茶は、ある程度の渋みがあるからこそ、美味しいといわれております。

ただ、特に日本人は、出汁の「旨み」のおいしさも知っています。旨みとは、お茶でいうところの「甘み」でもあります。

その甘みと、香りに魅かれているのかもしれません。

渋みが苦手な人は、春のお茶を楽しむといいでしょう!

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

お茶は嗜好品。好みも楽しみ方も自由でいいと思う!
毎日の生活に密着しているから、「お茶」は楽しくてホッとするのかもしれない。
そもそも、紅茶の楽しみ方ってなんだろう?
世界中のお茶に囲まれた暮らしは、毎日が世界旅行?!(気分)
愛着がわくお茶を常備茶にすると、いい理由。

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。