毎朝、【本日の1杯】を毎日続けている、5つの理由

Tea, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, Tea Life
Facebook にシェア
Pocket

  • 何気なく始めた【本日の1杯】
  • 茶葉の記録を1年続けたら、やめようと思っていた【本日の1杯】
  • でも、何故かやめられなくなった【本日の1杯】

 

私は、ほぼ毎日2つ記事を書いております。

  1. 朝の【本日の1杯】
  2. 夜の記事

夜の記事がメインでした。しかし、朝の【本日の1杯】は、意外と楽しくて面白い。気づきもたくさんあります。

ただ、「ブログを運営する」という立場として見ると、あまりよくないのかもしれません。SEOだの、重複コンテンツだの・・・いろいろあります。

でも、【本日の1杯】こそ、お茶のある暮らしそのものだと思います。(お茶のある暮らしの1部ですが。)

そして継続していく中で、【本日の1杯】を止めずにきた、私なりの理由も増えました。

理由1:単純に茶葉の飲み切る期間が知りたかった

お茶は、自宅で開封してから、いかに鮮度を保つかが大切です。

自宅でお茶の保管をするときに、いったいどのくらいの種類を開封したら、一番ベストなのか?何種類までが限界なのか?などなど、茶葉の保管に関して知りたいと思いました。

単純に、毎日飲んでいるお茶を記録していけば、流れがつかめるのではと思いつき、【本日の1杯】をスタートさせました。

確かに、大体の飲み切る期間は、分かった気がします。

 

 

理由2:お茶の楽しさを広めたかった

そして、もう一つの理由が「お茶の楽しさを広めること」でした。

いくら「お茶は楽しい!」といっても、自分がお茶のある暮らしを楽しんでいなければ、伝わりません。

確かに、美味しい入れ方を伝授するのも、楽しんでいただくための1つの案です。でも、知識だけでは、伝わりにくいのではと思います。

まずは、自分なりのお茶の暮らしを垣間見ていただこうと思いました。

 

 

理由3:新たな発見がある。

実は、【本日の1杯】をはじめた主な理由は、上記の2つだけでした。

しかし、【本日の1杯】を継続していくうちに、色々な発見や気づきがあり、「面白い!」と思うようになりました。

  • 同じ茶葉でも、様々な飲み方があることに気づける。
  • 【本日の1杯】を通して、私の飲み方のクセを、客観的に教えてくれる方もいる(良くも悪くも)
  • 美味しい茶葉を広めるための、窓口の1つにもなる。
  • ますます、お茶のある暮らしが楽しく感じる。
  • 目の前の茶葉と、真剣に向き合えるようになった。

などなど、気づくことが本当に多いです。

 

 

理由4:当たり前が、大切に感じられる。感謝できる。

そして最近は、「日常の当たり前」について、気づけるようにもなりました。

  • 例えば、「お茶」がこの世に存在していること自体、凄いことだと感じるようになりました。
  • 当たり前の「お茶」は、実は当たり前ではなかったかもしれないのです。
  • 毎朝、お茶を飲める環境は当たり前のようで、凄いことなんだと思います。
  • お茶以外にも、「当たり前」の存在は、たくさんあります。
  • 「当たり前」は奇跡だと思うと、もう感謝しかありません。

まさか、単純にはじめた【本日の1杯】から、このようなことを学ぶとは思ってもみませんでした。

また、意外と【本日の1杯】は読まれていることにも、驚かされます。読んでいるといっても、タイトルを見ているだけなのかもしれませんが(笑)

「あの日の、あのお茶が・・・」と、声をかけられたりもします。実際に初めてお会いする方でも、「あの朝の1杯が・・・」なんて話題に上ることもあります。

面白い現象です。

 

 

理由5:時として、当たり前は安心できる存在。

そして、最後の理由は、安心できるよりどころです。

どういうことか?

この理由は、自己満足かもしれませんが、いざというときに伝わったら幸いだと思っております。

このブログは、日本のどこかで大きな地震があった時なども、変わらず更新してきました。ここにも理由があります。

10年以上も前に、地元でも大きな地震がありました。

最初の第一声が「そっちは大丈夫?」という言葉です。この第一声は、私が連絡をとった中で100%の割合で、かけられた言葉でした。

そして、遠慮がちに「こっちはこっちで大丈夫だから・・・」とあいまいに答えると、落胆されます。何故か?

「いったいどこまで、被害が大きいのか把握したいから」です。遠くの「そっち」も全滅だということは、復旧の目途もたちにくいと、想像されるのでしょう。

途中から返事を変えてみました。「こっちは全然いつも通り!」と答えることにしました。すると、相手は安心するのです。

例え、自分の場所がダメでも、そっちがいつも通りだと安心するようです。

当たり前の日常が続いている限り、自分で納得して「やめよう」と思わない限り、今後も、お花の写真を添えて、【本日の1杯】を更新できたらと思います。いつもの日常を発信できたらと思います。

そして、また新たに何かを学んでいきたいです。

今日の記事は、自己満足の記事かもしれません。備忘録として、メモしておこうと思います。ただ、何事も続けることで、新たな発見があることは確かだと、感じております。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

お茶を毎日飲むなら、こんなことに気を付けよう!
美味しいお茶の見つけ方。美味しい茶葉に出会える、5つの方法。
そもそも、紅茶の楽しみ方ってなんだろう?
知識は活用してこそ、価値がある!知識を使わないのは、ないに等しい。
お茶自体を知ろうとするより、思いっきり楽しもう。楽しむために、知識を使おう。

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。