お茶自体を知ろうとするより、思いっきり楽しもう。楽しむために、知識を使おう。

Tea, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, Tea Life
Facebook にシェア
Pocket

  • お茶の知識を、抱え込む?
  • それとも、お茶自体を楽しむ?
  • どうせなら、思いっきり楽しんだほうがいい。

 

お茶や紅茶は、やっぱり嗜好品です。

楽しむことが目的の、お茶や紅茶だと思います。

楽しむ先の延長線上に、お茶の知識があるのだと思います。楽しみながら、「あ~でもない、こうでもない。」という知識が自然と身に着くのが理想です。

楽しんだ先に、「やっぱり知識も必要だ」と思えば、集中して身に着けることもできます。

でも、土台に楽しさがない知識は、自分の思いがどこかに行ってしまっています。

ただの、お茶の実験になってしまいます。

お茶の実験とは?

お茶や紅茶は、気が付くと実験のようになってしまうことがあります。

  • 同じ産地の紅茶は、こっちのほうは2分で、こっちは4分だ。
  • お茶の色も、こっちのほうが紅茶っぽい。
  • お湯の量と茶葉の量を、正確に量ってみよう・・・

本当にお茶の研究所や、お客様に提供するための実験?!なら、それはそれで重要です。

ただ、自宅で飲んで楽しんだりするためのお茶なのに、実験が先行すると、楽しむどころではありません。

「お茶の知識を知っている、知らない。」「美味しく抽出できる、できない。」だけの世界になってしまいます。

 

 

お茶を楽しむとは?

お茶を楽しむとは、「自分」と「お茶・紅茶」がセットになっている感覚です。

とにかく、「目の前のお茶が楽しい」「お茶のある暮らしは、楽しい。ほっとする。」という、自分の感情が土台にある気がします。

究極、お茶の存在に感謝できるのです。

  • 昨日飲んだ味と、少し違うなぁ。
  • こんなに美味しい茶葉があったんだぁ。
  • もっと美味しく仕上げたい。

常に、目の前にあるお茶を、まず大事に扱います。だからこそ、もっと美味しく淹れられるようになりたいと、思ったりするわけです。

 

 

楽しむために、知識を得る。

もっと美味しく入れるにはどうしたらよいのか、自分なりに追究し始めます。

  • このお茶をもっと美味しく淹れて、ほっとしたい。
  • 入れ方を変えてみよう。
  • 本を読んでみよう。聞いてみよう。習ってみよう。

以前ミニセミナーに、毎日飲んでいるティーバッグを持参して、「このお茶を美味しく淹れたいんです。」という方がおりました。

その後は、以前よりも美味しくいただいているそうです。

お茶の知識は、自分から出発して得ていくものだと思います。「自分は知っている、知らない。」より、ちゃんと楽しんでいるかどうかだと思います。

私も、最初は「自分も、あんな風に(目の前にある)このお茶を、美味しく淹れたい!」から始まっております。今では、「楽しさを広めたい!」という気持ちもあります。

自分とお茶がセットになって、初めて知りたいと思うのです。

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

新茶の選び方。|色々試して、自分好みの新茶を見つけよう!
美味しいお茶の見つけ方。美味しい茶葉に出会える、5つの方法。
そもそも、紅茶の楽しみ方ってなんだろう?
知識は活用してこそ、価値がある!知識を使わないのは、ないに等しい。
お茶・紅茶の知識が必要だと思った時。

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。