目の前の茶葉と向き合おう!知識ではなく自分の感覚で。

Tea, 美味しい紅茶, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, Tea Life
Share on Facebook
Pocket

  • 何事も、知識が必要な時もあります。
  • お茶も、知れば知るほど、美味しい入れ方も理解できます。
  • でも知識より、気づきや感覚が大切な時もあります。

 

何事も、確かに知っておいたほうがいいことは、たくさんあります。

でも、知識にだけに頼っていたら、それ以上の成長は期待できないでしょう。お茶なら、自分好みの入れ方も、追究しなくなるでしょう。

知識は、あるに越したことはありません。

でも、結局、知識は得るだけのものではなく、活用するためにあるのです。アウトプットするためにあるのです。

アウトプットすることで、また新たな知識が得られるのです。

どんなにたくさんの知識があっても、使わなければ無いに等しいのです。

知識は、思い込みをつくる。

知識は、知っているか知っていないかの差でしかないのです。知っているからと言って、色々なことが楽しめたり、できたりするものではありません。

先日、自分の思い込みで、紅茶がなかなか上手く仕上がらない経験をしました。

  • 茶葉が細かいから、短時間で抽出できるはず。
  • ストレートは、まろやかなので、ミルクティーも濃く入れなくていいはず。
  • 茶葉の量を多めに、短めに抽出してみよう。

紅茶の知識がある方なら、誰もが知っている知識。

でも、最終的には、この知識が邪魔をして、なかなか上手く仕上げることができませんでした。

知識にばかり頼っていると、「思い込み」を作ってしまうのです。

 

 

目の前の茶葉と向き合ったら、成功した!

そこで、思考を変えてみました。

「とにかく、目の前の茶葉を、もう一度自分の目で観察しよう。」

  • まずは、ストレートで研究。
  • 次に、ミルクティーで研究。
  • 出した結論は、少量の茶葉で長く抽出すること。

結局、知識だけに頼った結論とは、正反対の結論が出ました。

もっと言うと、ミルクの量も正反対でした。知識で考えたミルクの量は、「少なめ」でした。しかし、実際に目の前の茶葉と向き合って出た結論は、ミルクは「たっぷり」使うでした。

目の前の茶葉と向き合ったことで、とても美味しく仕上がりました。

 

 

知識と上手に付き合おう。

知識はあったほうがいい時と、頼らなくてもいい時があります。

知識は、何かの基準でしかないのかもしれません。基準があれば、その基準から始められます。遠回りしなくて済むかもしれません。

でも、最終的には、自分の感性、感覚、考え方が正しいのです。

やってみる、行動してみるのは、自分です。やってみる人が違えば、結論も違うのは当たり前です。

お茶なら、ティーポットもカップも、キッチンの環境も、人それぞれです。好みも、違います。

知識を活用して、自分の感覚を信じよう!

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

新茶の選び方。|色々試して、自分好みの新茶を見つけよう!
美味しいお茶の見つけ方。美味しい茶葉に出会える、5つの方法。
そもそも、紅茶の楽しみ方ってなんだろう?
知識は活用してこそ、価値がある!知識を使わないのは、ないに等しい。
お茶・紅茶の知識が必要だと思った時。

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。