日本三大茶ってご存知?

日本, 緑茶, 茶園
Share on Facebook
Pocket

  • 日本茶は、緑茶の産地です。
  • 細かく見ていくと、お茶の産地は日本中にあります。
  • 迷ったら、まずは日本三大茶はいかがでしょうか?

 

日本には、たくさんのお茶の産地があります。

歴史もあり、今でも引き継がれている伝統茶など、本当にたくさんのお茶が生産されております。

茶園が山間部などにあることも多いので、普段茶畑の存在に気づきにくいかもしれません。でも、本当にたくさんの産地があることは、確です。

(参照:日本茶マップ

もし、日本茶選びに迷ったら、まずは「日本三大茶」はいかがでしょうか?

日本三大茶の産地は?

いつから言われているのでしょうか?

日本三大茶があります。

  1. 色の静岡
  2. 香りの宇治
  3. 味の狭山

三大茶は「色の静岡、香りの宇治、味の狭山」と謳われております。

ただ、例えば「静岡」といっても、静岡の中にもたくさんのお茶の生産地があります。細かく見ていくと、同じ静岡のお茶でも、風味が異なったりもします。

日本の全体を見渡すと、「色の静岡、香りの宇治、味の狭山」なのでしょう。

もし、お茶選びに迷ったら、まずは日本三大茶をおすすめします。

 

 

実は、他にも美味しいお茶はたくさんある。

しかし、冒頭にもご紹介した通り、日本のお茶の産地は3つだけではありません。

九州にも、本当にたくさんの産地があります。中国四国地方でも、お茶を作っている場所はあります。北のほうにも、お茶の産地はあります。

同じ茶園さんでも、数種類のお茶があります。

全部は飲みきれないかもしれませんが、三大茶にかかわらず、同じようにお茶を生産している方々はいらっしゃいます。

確かに、「色の静岡、香りの宇治、味の狭山」と言われているように、3地域は日本茶を支えてきたのではないでしょうか。

今の日本茶があるのは、3地域をはじめとした1つ1つの茶園さんたちのお陰だと思います。

国内ですから、気軽に自分好みのお茶を見つける旅も、面白そうですね。

 

 

今は、和紅茶もあります。

そして、現代の日本のお茶は「緑茶」だけではありません。

ここ数年の間に「和紅茶」がブームとなり、色々なお茶屋さんで見かけるようになりました。本当に数年前までは、「和紅茶は、どうやって手に入れようか?」と考えることもありました。

しかし今は、茶園さん直送でも手に入るようになりました。

和紅茶の味わいも、整ってきており、数段も美味しくなってきております。

国内にいながら、緑茶も和紅茶も、ほうじ茶や玄米茶など、様々なお茶が楽しめます。恵まれた環境だからこそ、「どのお茶にしようかぁ~?」と迷うことができるのですね。

あなた好みのお茶は、どのお茶ですか?

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

お茶の文化は、各国ごとに特徴があるから面白い。
世界中のお茶に囲まれた暮らしは、毎日が世界旅行?!(気分)
お茶好きが集まると、ティータイムのアイデアも色々!
お茶は嗜好品。好みも楽しみ方も自由でいいと思う!
新茶の時期は産地ごとに違う。
茶園は、なぜ見学したいと思うのか?

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。