ティーバッグと茶葉の違い。中身や美味しさは一緒?!

Tea, 紅茶の楽しみ方, 紅茶の種類, お茶好きのつぶやき, 紅茶の選び方, Tea Life, ティーバッグ (Tea bag)
Facebook にシェア
Pocket

  • お茶は、大別するとティーバッグと茶葉がある。
  • 見た目の違いだけで、中身は一緒なのだろうか。
  • 味わいも、一緒なのだろうか。

 

同じお茶を購入しようと思うとき、ティーバッグと茶葉で迷ってしまうことがあるかもしれません。

茶葉しかなければ、茶葉を購入します。ティーバッグしかなければ、ティーバッグを購入します。でも、同じ種類でも、茶葉もティーバッグもそろっていることがあります。

私は、どういう目的で、そのお茶を飲むかで、茶葉かティーバッグかを選びます。

ティーバッグだから、美味しくないわけでもない。

確かに、高級な茶葉は、ティーバッグではなく、リーフで売られていることが多いかもしれない。

だからと言って、「ティーバッグは、下等で美味しくない」わけではない。ティーバッグは、ティーバッグらしい使い方があるものだ。

例えば、抽出。

ティーバッグには、ティーバッグの入れ方がある。その入れ方に相応しい茶葉が、ティーバッグに入っているものです。

  • 茶葉の大きさ
  • 蒸らし時間

ティーバッグに記載されている、入れ方、時間、お湯の量の通りに入れると、美味しく仕上がります。

 

 

茶葉だから、必ず美味しいというわけでもない。

茶葉だと、自分好みに抽出できるのが、特徴です。

お茶好きは、たいてい、自分好みの入れ方があります。だから、お茶好きは、できるだけティーバッグではなく、茶葉をそろえようとするのです。その日の気分によっても、お茶の仕上がりを変えたくなるものです。

仕上がりを変えるには、慣れていないと難しいです。

  • 茶葉の量を、自分で決める。
  • お湯の量も自分で決める。
  • 蒸らし時間も、茶葉ごとに変えたりします。

慣れていないと茶葉でも、美味しくない場合もあります。

 

 

どんな目的で飲むのかで、使い分けると使いやすい。

茶葉とティーバッグを比べると、こんな風にまとまるのでしょうか。

  • ティーバッグは、ティーバッグの茶葉に合わせて淹れる。
  • 茶葉は、自分裁量でなんとでもなる。(慣れている場合)
  • ティーバッグの中身は、ティーバッグでも美味しく抽出できるように茶葉の状態を変えていることもある。
  • 後片付けは、ティーバッグがラク。
  • 茶葉は、保存方法も大事。(ティーバッグは小包装だったり、ジッパー付き袋の場合が多い)

茶葉かティーバッグかは、それぞれの特徴を踏まえたうえで、決めるといいでしょう。

また、どんな目的で、どこで飲むのかでも、変わってくるでしょう。

自宅なら、私は茶葉を選びます。ティーポットがない環境で飲む場合は、断然ティーバッグを選びます。目的ごとに、どちらかを選ぶといいでしょう。

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

茶葉の賞味期限は「開封前」と「開封後」で異なる?!
お茶の収納は「1つの缶に1種類」が原則の理由!
茶葉を保存する缶は、この「内蓋付き」がおススメ!
茶葉は、冷蔵庫や冷凍庫で保管しない方が望ましい理由。
茶葉でアロマを楽しもう!「茶香炉」があると便利!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。